上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 00:27:16.37 ID:gadCD0fPO
男「てなわけで、行くか?」
女友「行くともよ!楽しそうだね~天体観測w星なんてみてないよ、ここ数年w」
男「どんな暮らしだよ、まあいいや、あとは男友だな」

男「男友~」(野郎同士の絡みを書いてもしょうがないので省略)
男友「イクッ!なんたって学年トップクラスの美乳美少女(女)と同じくトップクラスの巨乳美女(女友)だからなっ!うへへへ…」
男(やっぱやめようかなこいつ連れてくの…)

当日
女友「あたしが最初に待ち合わせ場所着いたからね、全員のバスの席決めまーす!」
3人「ほーい」
女友「あたしは窓際~と、その隣w」
男「へ?それってどういう…」
女友「荷物起きたいからwだ~い丈夫!男と女ちゃんは反対側の隣同士にしてあげるってwまかせんさいw」
男友「俺は…?」
女友「忘れてた…補助席で!いいかな?」
男友「二重にヒドス」

弱気なツンデレ1



193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 00:30:27.65 ID:8aTYbjYg0
【テレビ】
男「昨日のテレビ見た?」
女「ごめん勉強してた」
男「そか・・・おもしろかったぞ?ビデオあるし貸そうか?」
女「べっ別にいらない。どうせしょうもないテレビでしょ」
男「・・・」
女「あっ・・・ごめ」
女友「最近いつもおはよ~」
男「おっす~女友は昨日のテレビ見たよな?」
女友「うん見たよぉ~昨日のは面白かったよねぇ~」
男「だよな~特に~~~~~~~」
女「・・・」
女友「女ちゃんはぁ見てないのぉ?」
男「らしいんだ」
女友「ビデオ撮ってあるし~いる~?」
男「俺もいったけd」
女「大丈夫男に借りるから」
男「えっお前いらないって 痛ッ」
女「あんだけ薦めたんだから・・・おっ面白くなかったら怒るんだからね・・・」
男「ヘイヘイ それより足どかしてくれ」
女「ハッ・・・」
女友「女ちゃんって~かわいいねぇ~」
女「えっ!?!?(いきなり?)」



194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 00:35:21.96 ID:gadCD0fPO
ブーン
女友「男君…顔が青いを通り越して黒いけど…大丈夫?酔ったのかい?」
男「な、なんとか…」
女友「こんな事もあろうかと!酔い止め~」キコキコキコーン
男「おお、サンキュ…ふう、少し落ち着いたよ」
女友「ふふ、半分は男君の力さ、病は気からってねw」
女(友ちゃん準備いいな…私なんて自分は酔わないから大丈夫なんて思って…この辺、女の子として負けてるよね…)
男友「げろっ…グゥェァッビチャアアアア」



195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 00:39:12.00 ID:NTNeqiyT0
男友に再び同情



197 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 00:40:51.31 ID:MSMpMVtc0
>>174
【雪】


男「おい、外見てみろよ」
女「あっ・・・綺麗」
男「この時期に雪が降るなんて久しぶりだな~」
女「ニュースでは38年ぶりだって言ってる」
男「そうだ、外出てみないか?」
女「こんなに降ってるのに? 遭難したらどうするの?」
男「ここで遭難はしないだろ」
女「万一ってことも・・・」
男「分かったよ ・・・中からみてようか」
女「ねえ こっちきて」
男「俺とくっつきたいのか?」
女「寒いからよ 外こんなに雪振ってるし」
男(・・・暖房はいってるけどな まあいいか)


ただの心配性になってるとも言えない



198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 00:45:30.59 ID:gadCD0fPO
山頂、天文台
男「すっげ…」
女「すごい…」
女友「星がいっぱいだよ!」
男友「まるで…神様が間違えて空にミルクをこぼしたようだ…」
女「クサッ」
女友「それはない」
男「それ天の川だろ」
男友「なんで俺だけ…」
女友「男君、みんなを誘ったって事はだよ、星座にも詳しいのかな?」
男「あ…多少ね」
女友「よかったらあたしたちに教えてくれないかい?」
男「いいよwまずあれが…」


女「い、意外と知識あるのね男くん…少し、ほんの少しだけ見直したわよ///」
男「それはありがたいw」
女友「やるねえー男君、こうやって口説くんだねwこのスケコケシ!」
男「スケコマシだろwしかも死語w」
女友「あ、そうだっけ///まいったな、照れちゃうよわたしw赤面だねw」
男・男友(かわいい…)



199 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 00:51:55.80 ID:8aTYbjYg0
なんか話思いついたので勝手に書いてみますね
【女友告白】
女友「ね~ね~」
女「ん?どうしたの?」
女友「今日1日ぃ男君貸してくれないかなぁ~」
女「えっ!?な・・・んで・・・?」
女友「あたしぃ~なんかねぇ~告白されたんだぁ~でもねぇぜんぜん知らない人だし~断ろうと思うんだけどぉ~なんか悪いからぁ~男君を彼知って言うことに~したいんだぁ~」
女「でも・・・別にわざわざそんなことしなくてもいいんじゃない?」
女友「ん~なんかねぇ~あたし~なんか知らないんだけどぉ~よく告白されるんだぁ~」
女「友はかわいいからねぇ」
女友「そうなのかなぁ~」
女「で?なんで?」
女友「今回彼氏がいるってぇ~わかってもらえれば~告白されなくなるんじゃないかなって~」
女「う~ん・・・でも女友の好きな人出てくるかもよ?」
女友「あたし~この学校にはぁ~好きな人いないんだ~。それに~こんなこと頼めるのはぁ~男君だけだし~」
女「う~ん・・・まぁ親友の友の頼みなら仕方ないわ」
女友「ありがと~女大好きぃ~」
女「きゃっ!くっつかないで~。あっあとね・・・」
女友「分かってるよ~男君はぁとらないよ~」

女「そういうわけだから後はよろしく!!」
男「ん・・・って俺の意見は関係なしかよ」
女「いいじゃない友は学校でもかなりの上のクラスのかわいさなんだし」
男「それもそうだな」
女「じゃっじゃあよろしく(ちょっとくらい嫌がらないわけ?)」

続く予定



205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 01:12:10.55 ID:8aTYbjYg0
【女友告白2】
女友「あぁ~きたよ~」
男「うむ・・」
男友「ども・・・って男!!どうしたんだ?」
男「お前か・・・」
女友「あたしねぇ~男君と付き合ってるんだぁ~だから~」
男友「でも男は女さんは?」
男「あのですねその~」
女友「分かれたんだよねぇ~」
男友「そうなのか・・・」
男「うん・・・まぁ」
女友「だから~悪いけどぉ~」
男「(ぉぃそんな体くっつけるな)(///)」
男友「そうか・・・わかった悪かったな男」
男「おっおぅ(えらくあっさりだな)」
女友「うん~もう行ったね~」
男「なんでそんな体くっつけるんだよ」
女友「そのほうがぁ~仲よさそうじゃない~?」
男「まぁそうだが・・・それにしても男友はえらく簡単に引き下がったなぁ」
女友「それだけ~あたしたちがぁ仲良かったんだよ~このままぁ付き合っちゃう~?」
男「おぃ」
女友「うそだよぉ~男君はぁ女大好きだもんね~」
男「まぁ・・な(///)」
女友「それじゃあぁ今日ありがとうねぇ~」
男「うんじゃな」

続き予定あるが申し訳ない。寝ます。
残ってたら携帯からでも続き書きますが
正直gdgdになると思うんで期待はしないでください
長編になりそうで申し訳ない



200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 00:56:29.34 ID:o+FgAsTuO
このスレ好きだwwww

☆.。.:*・°



202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 01:01:41.71 ID:gadCD0fPO
女友「しかしあれだね、こんなロマンチックなトコで告白されでもしたら女の子はコロッといっちゃうよw」
男友(イっちゃうのか…)
男「別に下心はないよwガキのころは夏休みになるたびに、山の方の親戚の家にいってさ…そっちに友達いないから1人で星見てたりしてたからw」
女「ふーん、それで詳しくなったんだ…(男くんの少年時代か…///)」
女友「さぞかわいい少年だったんだろうねw」
男「ばっ…からかうなよw」
女友「www…あ、流れ星だよ!」
3人「あ!」
男(いつか…女に…)
女(いつか…男くんに…)
女友(いつか…男君と…)
男友(できれば今年中に…童貞を…)
男「…そろそろ、帰るか!」
女「うん!」
女友・男友「おー!」



209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 01:26:49.96 ID:gadCD0fPO
男「ぬあっ…」
女友「どうしたのかい?男君」
男「鍵、家に忘れたみたいだ…」
女友「ありゃりゃ…どうするんだい?」
男「コンビニで時間潰すか…マックかな…」
女友「明日の宿題大量だけど、親御さんが帰ってからで間に合うのかな?」
男「う…」
女友「男君さえよかったら、家に来るといいよ!勉強もできるし、ご飯も食べられるよ~w」
男「へっ…///し、しかしだな~」
女友「気にしない気にしない!友達じゃないかあたしたちw」
男「そう…だな、一石二鳥ってやつだなw」
女友「そうそう!(料理頑張らないと…)」

女友「母さんただいま!」
友母「おかえりなさ~…」カラーン
男「お邪魔します…(テレビのリモコン落としたが…)」
女友「(無理もないさ、男の子を家に連れて来たのはこの16年で初めてだからねw)」
男「へっ…」

つづく



210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 01:27:48.91 ID:nEdY/yPK0
生殺しやめれwww



211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 01:31:59.30 ID:8aTYbjYg0
【女友告白3】
・・・翌日・・・
女「はぁ~」
男「おっす~どうした~元気ないぞ」
女「うん・・・実は・・・」
男「・・・なんですと~!!!」
女友「おはようございます~」
男「ぉい大変だ!!」
女友「どうしたんですかぁ~」
男「どうしたもこうしたもない」
女友「ふぇん???」
男「男友が女に告白しやがった!!!」

これでホントにお開きです
続き自分自身で忘れそうなんで書いときます
では



212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 01:36:47.65 ID:gadCD0fPO
女友部屋
男(サバサバっていうか、女友って個性的だけど…部屋は女の子なんだな…)
女友「お待たせ~今日はカレーだよ!」
男「う、うまそう…いただきます…か…」
女友「か…?(ドキドキ)」
男「から
うま
辛くてうまいよw友の家っていつも辛口?」
女友「紛らわしいことしないでくれよwどこのアンブレラ社員かと思ったじゃないかw
うちはいつも甘口だけど、男君が食べる女ちゃんの弁当を見て、辛口が好きなんだな~と予想をつけたのさっw」
男「へ~、すごい観察眼だなw」
女友「男君だからだよ…」
男「え?」
女友「なんでもないよっwあたしの愛が入ってるからうまいのさw」
男「…ははwじゃあありがたく食わないとなw(ドキッとすること言うな…)」



214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 01:46:11.28 ID:B0HfB9lpO
>>212
いかん、これはクる…



217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 02:07:02.04 ID:gadCD0fPO
女友「さあ!食事の後は勉強だよっ!」
男「うへぇ…」
女友「露骨に嫌そうな顔しない!やるよ!」
男「やる気満々だな…」

女友「これをここにだいにうするのさっ」
男「ん、代入な」
女友「そうだよ、なんで繰り返すのかな?」
男「いや、だってだいにうって…代入だろw」
女友「そう言ってるじゃないか、だいにうって…あれw?」
男「ほらwww」
女友「むむ…笑いすぎだよ男君」
男「すまんw」
女友「許さないよ…罰を受けてよね」ズズイッ
男「…へ?な、なにを…?(顔が近い…///)」
女友「…キス…///」
男「キ…!いや…それは…その…」
女友「すでに一回したじゃないか、それに、ご飯食べて、勉強教えてもらって、私の事笑っといて、その罰でもできないのかい?」
男「う…(ずりい…)」
女友「さあっ!///」



219 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 02:20:46.08 ID:gadCD0fPO
男「(うう…)」
女友「んー…」
男「(ええい、ままよ!)」ガバッ
女友「(きた…///)」ピリリリリリリリリ
男・女友「!」

男「カーチャン帰ったみたいだ…」
女友「そっか…残念」
男「残念とか言うなw」
女友「ふふ…また今度ねw」
男「へ…」
女友「それから…女ちゃんには内緒だよw」
男「…わかってるよ、じゃあな!」
女友「うん…また明日!」

女友(男…くん…)



220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 02:27:47.93 ID:kxLUoGcTO
>>219
あの……その……が、頑張って…下さい…ね///


捕手



221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 02:30:26.33 ID:gadCD0fPO
>>220
再びネタ切れの危機ですwまた>>133以降のお題借りようかな…



222 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 02:34:50.97 ID:kxLUoGcTO
>>221
っ【眠れない夜】




まぁ今の俺な訳ですが



223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 02:35:01.22 ID:NTNeqiyT0
(´・ω・`)ネタが無いと聞いて目が覚めました
【ラジオ】【カラオケ】【虹】【ファーストフード】【将棋】【童話】



224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 02:35:30.33 ID:gadCD0fPO
>>222
おk把握



225 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 02:41:06.12 ID:kxLUoGcTO
>>224
べっ、別に嬉しくなんかないんだから!!



でも…ありがと。頑張ってね捕手。



226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 02:45:16.80 ID:gadCD0fPO
ピリリリリリリリリ…
男「ん?もしもし…女?めずらしいな。こんな時間にw」
女「あ…うん、男くんの事だし、暇してるかな~と思ってw…」
ゴロゴロ…
女「ひゃっ!」
男「…雷か?」
女「うう…」
男「もしかして…雷怖くて眠れないとかw」
女「そ、そんなこと…」ゴロゴロ…「ひっ!じ、実はそうなの…///」
男「かわいいなw」
女「うっ…うるさい///」
男「ww…一回切るぞ」
女「あっ嘘…ごめんなさい…」
男「違うってw電話代心配だろ?俺からかけ直すよw」
女「あっ…うん…ちゃんとかけなおしてよ?すぐだからね?」
男「わかってるってw今日は女が眠れるまで付き合うよw」
女「うん…///」
男「じゃ、一旦切るぞ…」
女「ん…///」
カチャ……ピリピッ
女・男「もしもし」

こんな感じ?



230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 03:04:01.28 ID:gadCD0fPO
男「マックだと思うよ」
女「え…マクド…なんじゃないの…?」
男「子供の頃の友達ってもしかして、関西人多かった?」
女「うん…なんで?」
男「関西はわりかしマクドと呼ぶ率高いらしいからさ」
女「へ~…なんか食べたくなっちゃった…///」
男「俺もw行くか?」
女「おごりなら…」
男「しょうがないなw次はそっちのおごりだぞw」
女「次…//うん…///」



231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 03:04:32.99 ID:+MM/HuRM0
サザンのトリビッア♪♪釘宮♪♪♪♪



238 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 03:22:02.24 ID:aB2cb8WcO
女友=鶴屋さんって認識をしてから、男友=谷口にしか見えない俺がいる



240 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 03:23:32.15 ID:QlcYjbot0
>>238
それなんて俺?



241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 03:30:17.10 ID:LL5m2Tzl0
・全て遠き理想郷
女「男は将来の夢とかあるの?」
男「そーだなー・・・美人で気立ての良い奥さんと平凡ながらも慎ましい生活を送ることかなw」
女「そう、美人・・・気立ての良い・・・・・・ふ、ふーん面白みの無い夢だこと・・・」
男「悪かったなー」(ったくなんでこいつはいちいち俺につかっかってくるんだ?)
女(こいつの理想のタイプって委員長さんのこと?・・・私ってどうも思われて無いんだ・・・男のくせに・・・)
男「お前は将来の夢とかあるの?」
女「私は・・・私は貝になりたい・・・」
男「は?」



242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 03:35:41.52 ID:gadCD0fPO
男「部活?」
女友「うん、男君は何かしないのかい?」
男「一回見学に行ったんだけど、あまりにもキツそうだったんで断念w」
女友「ほー、何部かな?」
男「水泳…中学の時もやってたからw」
女友「え…あたしもやってたよ!水泳!」
男「え…この前はカナヅチだって…」
女友「あれは女ちゃんに気を遣ったのさっw専門は?」
男「フリー(自由形)だよw友は…ブレスト(平泳ぎ)か?」
女友「当たり…何でわかったのかな?」
男「体型でなんとなくw肩幅広いとブレストだよw」
女友「あたし、肩幅広いかな?」
男「女にしてはなwつっても、多少の違いだと思うが…」
女友「そ、そっか…男君は、肩幅広い女は嫌いかな?」
男「いやー、むしろなで肩とかだと不健康な感じだし、ちょっと広いぐらいが好きかなw」
女友「す、好きか…そっか…///照れちゃうねw」
女(平泳ぎ…しようかな…)



243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 03:42:40.32 ID:LL5m2Tzl0
・弱気なツンデレ
女「ふ、ふん!あんたなんか大っ嫌い!」
男「そんなハッキリ言わなくたって・・・」

放課後
女「あんなに真に受けることないじゃない・・・バカ」
女友「男は昔っから言われたことを素直に受け止めるからね~
   素直に好きって言っちゃえばいいじゃんw」
女友「べ、別にあいつのことなんてこれっぽっちも好きじゃないんだからぁ!///」
女「誰の真似よ・・・」
女「私は別にあいつのこと嫌いってわけじゃないの
  ・・・でもあいつの前だといつも変なこと言っちゃうしきっと嫌われてるんだと思う私・・・」
女友「またそうやってネガティブになる~!」
女「そ、そうだよね!頑張らなきゃ・・・私」
女友(はぁ~恋する乙女だねぇ~!かわいすぎ!(*´Д`)



248 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 04:00:08.76 ID:9JyVDdILO
女がモモタロスに思えてきた・・・だめかも試練ね俺は・・・



250 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 04:20:20.47 ID:LL5m2Tzl0
>>248
男「あ、この曲デュエットだ」
女「よっしゃ!この私が!」
男友「俺に歌って欲しいって?答えは聞いてない」
女「うぅ(´・ω・`)」

男「あ、またデュエット・・・」
女「私に歌わせなさry」
女友「この歌・・・!泣けるでぇ!」
女「うっ(´;ω;`)」

委員長「あ、私もデュエット曲」
委員長「男君、私に釣れられてみない?」
男「は、はい!喜んで!」
女「(´;ω;`)」



249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 04:11:53.43 ID:LL5m2Tzl0
・男友
女「この裏切り者~!」
男「ちょっと待てよ!変な言いがかりは・・・」
ガララララ・・・
男友「ちわーす、って何だお前らまた喧嘩か?飽きないねぇ・・・」
女友「あー3日ぶりに学校に来たサボり魔で男の友達か本当のところ怪しい男友君だ~」
男友「誰に向かって言ってんだ?・・・それより、また女ちゃん怒らせてお前も甲斐性なしだなぁ」
男「お前にだけは言われたくねぇよ、だいたいあいつはいつも怒ってるし
  ・・・今日だって俺と委員長がたまたま当番一緒だっただけで」
男友「そりゃジェラシーに決まってんだろ、女ちゃんかわいそうに・・・」
男「なんであいつの肩持つんだよ・・・だいたい俺と委員長との関係をそんな風に見てほしく無いな
  俺達はもっと清純でクリエイティブな・・・」
男友「はいはいワロスワロス~」
女友(男にも問題有るんだよなぁ・・・)

女「クリエイティブって何よ!このアホー!」



252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 05:29:59.58 ID:bHJvrDBe0
男「あ、眼鏡忘れた……」
女「ドジね。そんなんだから成績悪いのよ!」
男「うるっさいなぁ。まずいな、ほとんど見えないや」
女「よくそんなんで学校来れたわね」
男「うん。結構体が覚えてるもんだな。あ、教科書すら見えねえわ」
女「ほんっとバカね。仕方ないから、私が今日一日付き添ってあげるわよ」
男「マジで? サンキュー!」
女「あ、あんまり手を強く握るんじゃないわよ!!」

こんなん?



264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 07:41:42.15 ID:O64Fy1lGO
(1メートルぐらいの距離感)
男「やっぱ今年も祭の後は肝試しか~。お前とかぁ~」
女「お前とかぁ~って何よその言い方…!…くじなんだから仕方ないじゃんッ…!////」
男「てかここマジで出るから気を付けろよww」
女「で、出ないもん!!出なぃッ!!!!」
男「じゃあもし出たらどうすんだよ?ww」
女「出たら…その時は……じゃなくて!!////皆のとこ逃げるに決まってるぢゃん!!///////」
男「おいうしろ!!!!」
女「キャーッ!!!!!!!!!!」

(男の側に急接近)

男「なにいきなりビビってんのよww騙されてや~んの♪wwww」
女「今のは…ち、違うのッ!!!///もぉやめてょ~…ぃきなり…心臓止まるかと思ッた……」
男「馬鹿だな~w てかほらwみんなのとこ逃げるんじゃなかったのかよ?w俺の方に逃げてどうすんだ!ww」
女「だ、だってぃきなりすぎるょ…!/////ぃきなりすぎるッてば!!////ね…?///無理ぢゃん!!!////」
男「正直スマンかったwwまぁゴールまであと10分ぐらいあるぜ。頑張ろうな。」
女「ぅ、ぅん…/////もぅ驚かすのなしだからねッ!!!!//////」
男「分かってる分かってるwもし怖かったら隣来いよw」
女「……ぇ?……で、で、そ、でも……………は、はぃ………/////////………(/∪/)」



265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 07:41:55.14 ID:gadCD0fPO
女友「おっはよー!今日も暑いねえ」
男「おお、おはよー、女友…」
女友「ん?男君、眠いだけでなく何か悩んでるみたいだね?何かあるなら、この友お姉さんに話してごらんよ?」
男「いや…今日から文化祭の準備だろ?俺たち文化委員だから、やっぱ遅くまで残されるのかと思ってさー…」
女友「き、今日…から?」
男「わ、忘れてたのか…?」
女友「(忘れてた…)…ま、まっさかー!当然知ってたさ!男君!一緒にがんばろうね!…はぁ」

男友「あそこから黒いオーラが放出されている…」



266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 07:50:21.63 ID:2aSfdCShO
VIP初パピコ
流れきったらゴメソ


女「あ…ヤバ…(クラッ)」 バタ
男「…!!!大丈夫か!女!!」
ギャラリー「どうしたどうした」「わーわー」ゾロゾロ
男「おぶされ!!よいしょ…よっと。」
女「ちょ…!!!やめなさいよ!皆見てるじゃない!」
男「いいから」
女「…んやっ…〃おろしてってば…っ」ジタジタバタバタ
男「…!!じっとしてろよ!!危ねぇだろうがっ!!!」
女「ふえ……んっ…!!……迷惑かけてごめんねぇ……ポロポロ」

こうですかわかりません><

ていうか頭の中でまとめても意外に時間かかるぬ…時間やばいww行ってくる



267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 07:50:50.27 ID:gadCD0fPO
先生「とりあえず文化祭の準備は全員参加だが、準備の後毎日打ち合わせがある。打ち合わせには文化委員だけ出ればいいぞー」
男(げげ、やっぱり…なんで俺は文化委員なんぞになったんだ…)
女友(うう…めんどくさい…しかし、これは男君と2人きりのチャンスかな!?)
女(文化委員って男くんと友ちゃんよね…これはまずいわ、なんとかしないと…)
放課後
女「先生」
先生「なんだ?」
女「私たち学級委員も打ち合わせ、出ていいですか?」
男友「お、女!何言って…」ギヌロ「なんでもありません」
女「一応クラスの事を任されてますので、出るべきかなと思うんです。」
先生「感心だな、女。先生、やる気ある生徒は大歓迎だ!」



269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 07:58:07.33 ID:gadCD0fPO
男「女ー」
女「あ、男…くん。どうしたの?」
男「うちのクラスの文化祭の出し物、なにやるんだっけ?」
女「もー、忘れちゃったの?全く脳が働いてないんだから。なんでも私に頼らないで…///」
男「いやー、やっぱなんだかんだで女が一番頼りになるからさw」
女「う…///しょうがないな…///って、あれ?……忘れちゃった…」
男「うおいw」
女「う、調べればすぐわかるってば///なんだっけ>>270くん?」



271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 08:00:54.33 ID:NTNeqiyT0
演劇



272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 08:02:41.25 ID:gadCD0fPO
近すぎた。猛省している。演劇で行きますお



274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 08:12:59.12 ID:gadCD0fPO
男「演劇か…」
女「そうそうそういえばそうだったよ。」
男「めんどくせえなあ…演目決めて、衣装作って、配役決めて…脚本作って…練習して…ざっと考えただけでもこんなにあるぞ…」
女「文句ばっかり言わないでよ…3年生は受験勉強だから準備の長い演劇系はないし、私たち2年から選ばれた3クラスしか演劇はできないんだから…」
男「やけに説明的だな…しかし、2年は10クラスだから、そこまで低い確率とは言えないんでは…」
女「………」
男「う、わかった、頑張るから、無言になるのはやめてくれw」
女「いっ…一緒に…///」
男「ん?」
女「一緒に…がんばろぅ?///」
男「お、おう!」



276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 08:22:10.34 ID:gadCD0fPO
男「演目は?」
女友「女ちゃんがクラスで多数決取って、決めるらしいよ…うちはトリに決まったらしいから、たぶん恋愛ものだろうねえw」
男「だろうねえと笑ってる場合か…?」
女友「?どうしてだい?」
男「だって、恋愛ものなら当然、選ばれるのはビジュアルいい奴だろ…?」
女友「うんうん、そーだよねえ…で、それとあたしが笑うのと何か関係が?」
男「意外に鈍いな…ビジュアル重視なら、女友が選ばれるかも、って事さ」
女友「うん…ん?うぇぇ///そ、そんなことないよっ///あたしみたいなデコの広い女、照明も照り返しちゃうしっ///ダメダメ、才能もまるでナシなんだから/////」
男(真っ赤になってる…)



278 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 08:33:44.95 ID:gadCD0fPO
女「みなさん!演劇で何をやるか、3つまで減らしましたので、この3つから選んで多数決とりまーす」
男「おお…(ちゃんと仕切ってるな…)」
省略
女「決まったのは、クラスオリジナル。2人の女性が1人の男性を奪い合う話でーす」
男「…」

男「女、一緒に帰ろう?」
女「ま、またー?しょうがないな…///」
男「なあ…あの決まった演目さ…自然と話がドロドロになりそうだけど…」
女「そうかもね…でもみんな面白そうって言ってくれたしね///」
男「ああ…しかしよくそんな話許可下りたな?」
女「先生は「一応有料だし、客入りそうならいいんじゃね」って」
男「先生…」



281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 08:48:09.12 ID:/bEjbXiXO
【女友告白4】
男「実は昨日…かれこれこうで…」
女「…なんでそんな話ややこしくするようなことを…」
女友「ごめんなさぁい~あたしがぁ悪いんだよぉ」
女「いいよいいよ。」
男「で…もちろん断るよな?」
女「あっ当たり前でしょ?あたしには…その…」
男「よかった…」
女「元はと言えばあんたが悪いんだからね」
男「俺かよ…」



282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 08:55:54.55 ID:0OKxmfqsO
つ【体育館倉庫で二人っきり】



289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 09:50:22.54 ID:g5fjY6pXO
>>282
男「大丈夫か。重いだろ」
女「ううん、大丈夫」
男「あんまり無理すんな」

男「さて、道具もしまったし、帰るか、って、開かねえ!」
女「嘘!」
女友「これでよし! 観察観察」
男「どうするか…………待つしかねぇなぁ」
女「…………う、うん」
男「おいおい、震えてんぞ!?」
女「大丈夫、大丈夫だから」
男「はぁ…………。怖いなら怖いってちゃんといえ? な?」
女「うん」
女友「イイ空気になりすぎてんのよ、バカー!!」



290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 09:52:52.48 ID:0OKxmfqsO
>>289
気になる笑



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 09:59:12.77 ID:B0HfB9lpO
>>290
これは良い

そしていろんなポジションについてる女友モエス



293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 09:59:53.08 ID:g5fjY6pXO
>>290
ならば続き

男「うぉ!! お前どっから湧いた!?」
女友「人を温泉みたく言わないでよ!!」
女「バ、バカだなぁ、女友は。私のためにこんなことしたのに、嫉妬しちゃって」
女友「…………わかってたのね」
女「うん。でも、怖かったよぉぉぉぉ」
男「そうか。泣きたいだけ今は泣け。怖かったな」
女「うわぁぁぁぁぁぁん」
女友「だからいい空気になりすぎてんのよ!!」
男「お前まで泣くなよ!」



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 10:02:59.30 ID:0OKxmfqsO
>>293
何故倉庫の中に友がΣ( ̄▽ ̄;)笑
温泉………



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 09:08:41.96 ID:/bEjbXiXO
【女友告白5】
そして…
女「あっ…」
男友「よぅ!」
女「うん…」
男友「で…さ…返事だけど…」
女「あの…その…私にはね…おと」
男友「うん…わかってるよ」
女「えっ?」
男友「女さんはまだ男と分かれて時間経ってないのにいきなりこんなこと言って悪かったよ」
女「いや…違」
男友「だから返事はまだ聞かないよ。また整理がついたらで」
女「…」
男友「でさ…とりあえず友達として明日の土曜デートしてほしいんだ」
女「えっ!?そんな…」
男友「用事ある?」
女「いや…ないんだけど」
男友「よかった。じゃあ詳しくはまた連絡するから」
女「あっちょっと…」

男「…おいあいつデートの約束しやがったぞ」
女友「そうだねぇ…」



288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 09:46:14.02 ID:/bEjbXiXO
【女友告白6】
女「どうしよ~」
男「なんではっきり俺が好きだって言わなかったんだ?」
女「そっ…そんなことなんで言わないといけないのよ!」
男「俺ならいうけどなぁ」
女「うっうるさい」
女友「そんなぁ仲良くぅ話してる場合じゃないよぉ。これからぁ~どうするのぉ~」
女「うん。そうだね…」
男「断れよ。なんで悩むんだよ」
女「うるさいっ…」
男「なんかホントに好きなのか疑うんだけど」
女「…」
男「いいよ。明日行けよ。そこで言えばいいさ」
女「あっ…うん…」
女友「ホントにぃ~それでぇ…いいのぉ?」
男「…」



309 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 11:26:22.91 ID:LL5m2Tzl0
・行く末
女友「最近君は影が薄いねw」
女「そんなことないでしょ!それにあんたまで男につっかかるから・・・私」
女友「ほぉ嫉妬かい?それならお生憎さま男への気持ちはこれっぽっちも無いからさ、今は」
女「なら、いいけど・・・いや別にどうだっていいけどさっ!」
女友「そこで満面の笑みになるかwかわいいやつめ」
女友「でもさ、男はやさしいし妙に頼りになるから他の女の子も放っておかないと思うよ 
   そのときはあんたどうすんの?」
女「・・・私は・・・私にはどうしようもできないよ・・・」
女友「う~んしおらしいねぇ、今の顔を男に見せてやりたいよ。きっとイチコロで落ちるね!」
女「なら・・・付き合ってあげなくもない・・・」
女友「なんと図々しい奴・・・」

保守がてら、しかし今日も午前の授業をサボってしまった。死のう('A`)



311 名前:(1/2)[] 投稿日:2007/06/05(火) 11:29:51.95 ID:g5fjY6pXO
しかも社長が来てるのに遅刻したからな、俺
完全にオワタ

男「なんかさ、温泉のチケットもらっちまったよ」
女「ほんと?^行こ行こ?」
男「いいけどさ、場所よく知らないんだよな…………」
女「なら調べればいいじゃない」
男「そりゃそうだけどさ。とりあえず熱海、らしい」
女「ふんふん。引っかからないわよ?」
男「え? あ、お前『あたみらしい』ってキーワード入れたらそりゃ出ねぇよ」
女「ば、バカね! 練習よ、練習!」
男「本当か? 絶対あたみらしいって地名あると思っただろ」
女「う、うるっさいわね。まぁ、そういうことにしておいてあげてもいいけど?」



313 名前:(2/3)変更。[] 投稿日:2007/06/05(火) 11:34:44.57 ID:g5fjY6pXO
男「着いたー!」
女「意外と近いのね」
男「そうだな。割とすぐだったな」
女「(もうちょっとくっついていたかったのに…………)」
男「今なに考えた? なんか変なこと考えたろ」
女「え、えっと」
男「言え。ちゃんと」
女「も、もうちょっと男とくっついていたかったな、っておも、った、のょ…………」
男「バ、バカ、そんなことここで言うなよ」
女「あ、あんたが言わせたんじゃない!」



314 名前:(3/3)[] 投稿日:2007/06/05(火) 11:41:29.09 ID:g5fjY6pXO
男「おー、おー、見事に…………」
女「露天風呂だけ混浴ね…………」
男「ま、女の裸も見られるから俺は得したな」
女「み、見せるわけないでしょ!」
男「本心は?」
女「ほ、ほんのちょっと、一部分だけなら…………」
男「ははっ。後の楽しみにとっておく」
女「もう、スケベなんだから!」
男「誉め言葉としてとっておこう」
女「誉めてないわよ!」

女「楽しかった~!」
男「だな。夜寝かせてくんねぇんだもん…………」
女「へ、変なこと言わないでよ! ずっと話してただけでしょ!」
男「まぁ、次があったら別の意味で寝かせないけどな」
女「ち、ちょっといいかも…………ってバカァ!!」



328 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 12:35:47.61 ID:dkrqWsf10
弱気なツンデレ1

べ、別に、みのもんた見ながら書いたわけじゃないんだから!!
弱気と普通のの違いがわからないんだ。



330 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 12:39:32.70 ID:g5fjY6pXO
>>328
GJ!



341 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 14:01:33.16 ID:gadCD0fPO
今ずっと読み返してたら…
>>328が俺のツボを100%ついている
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
アダルトスパム広告などを弾くために、 「http」を禁止ワードにしています。
基本的にURLを書き込む際は、先頭の"h"を抜いて書き込むようにして下さい。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatongari.blog97.fc2.com/tb.php/72-8f91673e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。