上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
903 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 00:30:00.85 ID:OciQU/tX0
生徒1「おい、マジでするのかよ」
生徒2「優等生のナマ着替え……見たいとは思わないのか?」
生徒1「そ、それは……」
生徒2「まあ女子更衣室のロッカーに入ってる時点で聞くまでもないんだが」

女(ガチャ)「トイレ行ってたら着替え遅れちゃった」

生徒1「きた!」
生徒2(しっ!)

女(あー、それにしてもトリック面白かったなあ! DVD借りてよかった)

生徒1、2(ゴクリ……)

女「お前達の考えてる事なんか、全部まるっとお見通しだ!」(びしっ)

生徒1、2(!!!)

女(なーんちゃって、誰かに見られたらどうするのよ私)

生徒1、2(ガチャ)「すいませんでしたーーーーーーーーーっっ!!!!!」

女「え、え、え? ……キャーー!!」

生徒1、2:停学二週間

904 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:34:15.34 ID:ls+qC9tOO
>>898

優「始めてよ…」
男「え?」
優「私の本当の姿を見通した人。貴方よ」
男「いや、俺は何となくだけどな」
優「そう…」
男「ああ…」
優「………」
男「あのさ…」
優「ん?」
男「もう少し喋った方がいいかもな」
優「え?」
男「だってお前がおたおたしている内に優等生にされちゃっているだろ」
優「うん、確かに…」
男「だから、思い切って喋った方が少しだけ軽くなるよ」
優「そうかな?」
男「そうだ。何事にも勇気を持て」
優「勇気…(前に殺さんに言った言葉と同じだ)」
男「そうすれば優等生じゃなくて普通の生徒になる。まあ、時間はかかりそうだが…」
優「うん…(私…殺さんに言って…でも自分は何もしてないじゃん…)」
男「お前は良い奴だから叶うよ」
優「うん、分かった。やってみるよ!(私も勇気を…)」
男「うん、それでいい!」



909 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:43:30.76 ID:ls+qC9tOO
>>904

キンコンカーンコーン
男「あっ!授業だな」
優「うん」
男「んじゃ行くから。頑張れよ」
優「うん!」
男「あと最後に言っておく」
優「ん?」
男「俺、彼女いるから。惚れるなよ」
優「バーカ。そんなことないじゃん!さっき会ったばかりだし!」
男「そうだな。またな!」
優「うん」

バタン…

優「はぁ…なんか凄い勢いで振られた感じだなー…まあ、いいや…」

優「ただいまー」
男子1「あっ!優さん!待ってました!」
男子2「なんか良い顔になってますね。何かありました?」
優「うん! あとね…みんなに言わないといけないんだけど…」
男子1「なんすか?早く言って下さい!」
男子2「また優等生ぷりを見して下さい!」

優「うん!実は私って…………………



終わり…



911 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 00:44:57.53 ID:OciQU/tX0
教師「えー、持ち物検査をする」

全員「えーーーー!?」

教師「いいから早くカバン出せー」

女(ど、どうしよう!? 帰り道に返そうと思ってたDVDが入ってるっ)

教師「女ぁ、DVDなんて持ってきちゃいかんだろ」
女「あぅあぅあぅ……」

生徒1「先生! 待ってください!」
生徒2「博士の愛した数式、グラディエーター、トロイ、アマデウス……」
生徒3「どれも観ながら歴史等を学べる映画ばかりです!」
生徒4「それでも先生は女さんを叱るんですかっ!?」

教師「まあこれ位で怒るつもりはないんだがな。戻してよし。
   べ、別に生徒に気圧されたワケじゃないんだからねっ」
女(なんか知らんが助かった……)



912 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:46:26.49 ID:wEvretIU0
>>909

>>911
先生ツンデレかよw



913 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:47:21.67 ID:8QxLIDqo0
>>909
おっつー



916 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[age] 投稿日:2007/06/07(木) 00:49:36.96 ID:lEmNLcjJ0
>>909
乙!!



917 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 00:50:49.41 ID:OciQU/tX0
生徒「うーん」
優等「どうしたの?」
生徒「あ、丁度いい所に!」
優等(なんかイヤな予感)

生徒「『りょうじょく』って漢字が分からなくってさー」
優等「えーっと、ちょっとまってね」

パカ カチカチ ピッピッ

優等「(さらさら)陵辱って、こうかな?」
生徒「それそれ! 流石女さんだな! 助かったよ!」

優等(いや携帯で変換しただけなんだけど……)

>>909
乙なんだぜ



918 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:52:00.80 ID:8McOtYdYO
>>911
ツンデレな教師は
俺が美味しく頂きました



919 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:54:28.93 ID:w3QMhKgrO
放課後の校舎にて
生徒A「臭いよなーw」
生徒B「臭い臭いww
あれ?女さんが一人で教室に残ってるぞ?」
生徒A「しかも一生懸命に掃除してるぞ!」
生徒B「きっと俺達クラスメイトが勉強に集中できるように
人知れず教室をきれいにしてくれてたんだ…
汚してるのは俺達なのに…」
生徒A「俺…明日から机の上の消しカス払うの自重するわ…」
女「(ゴミ箱ひっくり返しちゃった…)」



920 名前:1[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:57:26.52 ID:mC0Q4a2rO
すげぇ
出かけてる間にこんなにも進んでるなんて…

>>917
何故生徒はその漢字を必要としてたんだww



921 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:04:44.94 ID:OciQU/tX0
>>920
あれ?>>871?



922 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:08:31.17 ID:x+PTzGLX0
>>1が二人いる?



925 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:09:53.47 ID:eOpu5oFi0
生徒A「藤木の家って火事になったんだよなww」
生徒B「もう藤木ってだけで笑えるwwwww」
女「あのさ…」
生徒A「あっ女さん…すみません!笑ったりなんかして…」
生徒B「いくらアニメの話だからって不謹慎ですよね…」
生徒A「罰としてグランド三周してきます!!」
生徒B「反省してきます!!すいませんでした!!」

女(あ…哀れなのは藤木じゃなくてタマネギ野郎だって言いたかっただけなのに…)



927 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:11:24.17 ID:bI1W+7kr0
>>925
永沢www



929 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:12:54.61 ID:ls+qC9tOO
それでエピローグ的な話
嫌ならスルーで…

それからの事…

男子1「優さ…」
優「もう!呼び捨てでいいよ」
男子1「ゆ、優…。宿題見せてよ」
優「駄目だってまだ出来て無いんだもん。だから殺さん!見せてー!」
殺「え?い、いやダメだよ。自分でやらなきゃ」
優「だって~」
男子1「優も俺らと変わらないって訳だな」
男子2「そうだな。でもこっちの方が可愛いかも」
優「そうかな~?」
男子1「うん。可愛いぜ!」
男子2「でもやっぱり、俺達にとってはまだまだ優等生な訳で」
優「え~まだなの~?」
男子1「優が変わってもまだまだ俺達は変わらないのだ!」
男子2「男子1に同じく!」
優「じゃあ、頑張るよ」
男子1「よっしゃーーー!!!胴上げじゃーーーー!!」
男子2「持ち上げろーーーー!!」
優「やはりこうなるのね…まあ、しょうがないけど…」



931 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:15:46.72 ID:K6AcY5+g0
>>929
GJ乙!



932 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:17:26.24 ID:OciQU/tX0
少し長めに書いてみる

生徒1「やっぱり女さんはすごいよなー」
生徒2「優等生ってのはああいうのを言うんだよ」
生徒3「下級生からも人気よねー」
生徒4「人柄も大事だよな」

優等「……はあ」


優等「みんな私の事誤解しすぎてる……でも今更誤解だー、なんて言えないし……」

優等「はあ……」

生徒1「なんだか憂鬱そうだなあ」
生徒2「何か悩みでもあるんじゃないのか?」
生徒3「まっさかー! 女さんに限ってそんなものないわよ!」
生徒4「たとえあったとしても俺たちに解決できるような悩みじゃないさ」

全員「あはははは……」


優等「……はぁ」



934 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:18:55.79 ID:OciQU/tX0
教師「おい、優等!」
優等「うえっ!? あ、ははいっ!!」
教師「お前ともあろうものが居眠りかー? 他の生徒に示しがつかんからしっかりしてくれよ」
優等「す、すいません……」

生徒1「多分勉強で……」
生徒2「優等生も……」
生徒3「優等生……」
生徒4「別格……」

女「……」



935 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:19:02.17 ID:UZ1zHmYM0
もうじき1000か……



938 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:21:58.96 ID:OciQU/tX0
生徒3「すごい、当たってるかも!」
生徒4「まじでー?」
優等「ねえねえ、何してるの?」
生徒3「占いだよー、女さんもしてみる?」
優等「う、うん」

生徒3「えーと、『自分では特に意識せずにした行動が、相手に誤解を受けやすいようです』」
優等「!!」
生徒「『本来ならば普通でありたいと思っても、周りが許してはくれないでしょう』」
優等「……」
生徒3「『特に異性には気をつけて。タイプでもない人から言い寄られる可能性大』だって」
優等「……」
生徒4「? どうかした?」
優等「うん、ちょっと……」
生徒3「全然当たってないから気落ちした? そりゃそうだよねー……」
優等「えっと、その……」

生徒4「? ……! wwww」
生徒3「!! ……!www」

優等「はあ、はぁ……」



940 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:25:08.78 ID:OciQU/tX0
教師「おい、どうしたんだ優等。お前らしくない点数だな」
優等「あ、すいません……」
教師「しっかりしろよ、お前は教師からも期待されてるんだからな」
優等「はい……」

生徒1「──、──?」
生徒2「──!」
生徒3「──」
生徒4「──、──。──」

優等「はぁ、はぁ……」

優等(聞こえない……何も聞こえないよ……)


教師「優等? おいっ! 誰か保健室──!」



941 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:25:43.82 ID:UZ1zHmYM0
おっ、新展開



942 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:29:12.83 ID:upR/XdvlO
麻雀
男子1「自習って暇だよな」
男子2「ああ、禿げ同」
男子1「なあ、麻雀やんね?暇だし」
男子2「いいけど、メンバーどうすんの?」
男子1「そうだな、男子3と・・・優さんは麻雀出来んのかな」
男子2「やめとけよ、大体自習時間に遊んでるだけでいい顔しないって」
男子1「あぁ・・・そうか。それもそうだな。じゃあ男子3呼んで3人で・・・」
優「・・・ねぇ」
男子1「うわっ!びっくりした!な、なんですか(やっぱり優さんの気に障ったか・・・」
優「私もやってもいい?」
男子12「・・・え?」


優「ツモ。四暗刻大三元字一色。トリプル役満ね!」
男子123「(゚Д゚)」



944 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:29:23.10 ID:OciQU/tX0
優等「う……」

生徒1「おい、気が付いたぞ!」
生徒2「大丈夫?」
生徒3「ちょっと、安静にさせなきゃ!」
生徒4「先生呼んでくるよ」

優等「ここ、は……?」

生徒1「いきなりブっ倒れたからさ、皆で保健室に運んだんだよ」
生徒2「あまり根詰めて勉強しちゃダメだよ、優等さん」
生徒3「優等生でも倒れる事あるんだねー」
生徒1「完璧超人にもこういう事あるんだなー」
生徒2「言えてる!」


優等「──違う!!」

3人「!!」

優等「……違うよ、みんな、何も分かってない……ひっく、分かってくれない……」

生徒4「先生呼んできたよ……って、どうしたんだ?」



946 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:34:08.86 ID:OciQU/tX0
>>944続き
優等「なんでみんなそうやって私の事勘違いするの……?」

生徒1「……?」

優等「私はただ普通にみんなとおしゃべりして、遊びに行って、授業を受けたいだけなのに」

生徒2「……」

優等「私は別に完璧でもない、天才なんかでもない、みんなと変わらないのに……」

生徒3「女さん……」

優等「みんなの誤解を解こうとしてもダメだった。誰も私の話なんか聞いてくれない」

生徒4「……」

優等「そのまま言えなくて、言ったらみんなから軽蔑されそうで……」

優等「いつも私だけ蚊帳の外で、みんな楽しそうに話してる……」

全員「……」



947 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:37:53.36 ID:w3QMhKgrO
電器屋にて
生徒A「あ、女さんがいるぞ。」
生徒B「扇風機を買いにきてるみたいだな。」
生徒A「扇風機にかなり顔近付けて
じっくり品定めしてるな…」
生徒B「暑いなか扇風機がポンコツだと
勉強に集中できないからな。
細部までちゃんとしたのを選んでるんだよ。」
女「(小声で)わ~れ~わ~れ~は~…
うちゅ~じんだ~…くすっ♪」



948 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:39:48.01 ID:OciQU/tX0
生徒1「じゃ、じゃあ……今までのことって、みんな偶然とか?」
生徒2「まじで?」
生徒3「そうだったの……」
生徒4「……」

優等「みんな、私の事、軽蔑するよね……」

全員「いや別に」



優等「……?」

生徒1「なーんだ、それならそうと最初から言ってくれればいいじゃん!」
生徒2「お前は人の話を聞かないだろいっつも」
生徒3「なんだか安心しちゃった。優等さんも私たちと変わらないのね」
生徒4「むしろ親近感が増したよ」

優等「みんな……」



949 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:40:07.46 ID:8McOtYdYO
>>947
か~わ~い~い~



950 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:40:29.69 ID:OciQU/tX0

生徒1「ごめんな、俺たちのせいで苦しい思いしてたんじゃないのか?」
生徒2「一人だけいいカッコすんなよなーwww」
生徒3「今度一緒にカラオケ行こうね!」

優等「……うん!」

生徒4「よーし、それじゃあみんな! 優等さんの新しい門出に、胴上げだーっ!!」

全員「おーーーっ!!」

優等「え、え、ちょ、ちょっと、ちょっと」

全員「わーっしょい、わーっしょい!」

優等「みんな、ありがとう!」

ちなみに元から成績は悪くなかったので優等生は優等生のままでしたとさ。おしまい

>>945
どうせスレも終わりだからと調子に乗ってみた。>>1すまん



953 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:42:03.52 ID:ls+qC9tOO
>>950
GJ乙!
やっぱ!最後は胴上げだよな!



954 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:42:29.37 ID:RM6FDGAXO
例え最後でも誤解が解けるのは違うと思う



955 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:43:19.48 ID:wEvretIU0
>>950
みんな胴上げ好きだなw

あれ、目から変な液体が・・・



956 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:44:19.07 ID:UghRj0Oq0
>>954
同意w
ツンデレも最後までツンデレなんだし「誤解優等生」なら最後まで誤解でいいと思うんだw
まぁでも投下してる人はGJ



957 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:44:39.42 ID:x63dCH7x0
>>950
GJ!



958 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:44:57.31 ID:OciQU/tX0
>>954
書いておいてなんだが同意



960 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:45:38.74 ID:upR/XdvlO
体育
男子1「なんで高校生にもなって飛び箱なんだ」
男子2「まあそう言うな。立派なスポーツだぜ」
男子3「おっ、次優さんじゃね?多分スポーツも万能なんだぜ」
男子1「さすがに優さんでも得意不得意あるだろ。あんだけ勉強できるんだから飛び箱くらいできなくてもどうってことないだろうけど」
教師「はいー。じゃあ次、優ー」
優「はっ、はい!(どうしよう・・・私運動なんて全然出来ないよ・・・)」

たったったったっ・・・ずるっ
優(きゃっ!手が滑った!)

男子2「!!!あれは!!」
男子1「ど、どうした!?」
男子2「伝説の技・・・疾風大回転・・・」
教師「飛ぶ瞬間の力を応用して飛び箱の上を高速で回る大技・・・まさかこの目で見れる日がこようとは・・・」
男子1「な・・・優さん勉強だけでなくスポーツも出来るのか・・・!!」
優(なんでこうなるの・・・)



961 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:46:25.79 ID:x+PTzGLX0
このスレに出会えたことを誇りに思うよ
またどこか出会えることを期待して寝るよ



962 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:46:43.78 ID:UZ1zHmYM0
このスレよかったなぁ



972 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:56:44.35 ID:mSceqnMQ0
女「はぁ……」
生徒1「お、女さんが溜め息をついている! 一体何があったんだ」
生徒2「噂によると女さんのお母さんが倒れられたらしい」
生徒1「な、なんだってー!?」
生徒2「それで女さんは進路について悩んでるんだ」
生徒1「そ、そうか。先生たちはこぞって女さんを有名大学へ行かせようとする」
生徒2「お母さんも、私のことは気にしないでと言って行かせようとする」
生徒1「しかし女さんはお母さんを置いて県外に出ることは考えられない」
生徒2「どころか大学費を払ってもらうことにもためらいがあって就職を考えている」
生徒1「くっ、女さんはなんて親孝行ものなんだ」
生徒2「微妙に違う気もするが……とにかく俺たちみんなで千羽鶴を折らないか?」
生徒1「それでお母さんの快復を祈るんだな! よぉしやぁぁぁlってやるぜ!」
生徒2「そうと決まればみんなに声をかけるぞ!」

女(お母さんひどいよ、私だけ置いて海外旅行だなんて。あぁ、今日の晩御飯どうしようかな……)



982 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:57:50.32 ID:eOpu5oFi0
女「ここまで誤解されるとは思わなかったわ…」

終わり



991 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 01:58:30.22 ID:ls+qC9tOO
とりあえず神絵師に描いてもらって超嬉しかったんだぜ!



999 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 01:58:56.51 ID:UZ1zHmYM0
いい夢見れそうだ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
アダルトスパム広告などを弾くために、 「http」を禁止ワードにしています。
基本的にURLを書き込む際は、先頭の"h"を抜いて書き込むようにして下さい。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatongari.blog97.fc2.com/tb.php/67-4274adca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。