上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
836 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 22:54:06.27 ID:XIn0Wypx0
体育のマラソン中
A「女さんが違うルート向かってくぞ」
B「優等生なのに近道使うなんて」
A「いや、あっち遠回りなんだけど」
B「距離を増やして体力づくりね。立派だわ。」
女「ふぇ~ん…ここどこぉ~」
838 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 22:55:14.40 ID:LFHyPBPuO
>>814
生徒A「女さんの筆箱、かわいいくまの柄だぞ。
ちょっと意外だな。」
生徒B「馬鹿だな。ああいう癒し系の絵柄の文房具には
リラックス効果があるんだよ。」
生徒A「なるほど。勉強しながらリラックスか。
よし、俺も明日からうさぎさん柄の筆箱にするぜ!」
生徒B「一回しか言わんぞ?やめとけ。」
女「(うふふ…くまたんかわいいなぁ…♪)」

>>815
書けんかった…



839 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 22:59:54.55 ID:VKBfb80R0
審判「70-23、前半終了です!」

部員1「くそ! まるで歯が立たない!」
部員2「やっぱり無理だったんだよ」
部員3「そうだよ、相手は全国の常連だよ、運が悪かったんだ」
部員1「・・・だよな。応援してくれている学校の皆には悪いけど・・・」
部員3「そうだよ、あきらめよう」

優「(ああ~、あれやりたいな、安西先生の真似)」

応援生徒1「ああ・・・もう見てられないぜ」
応援生徒2「だね。これ以上はあいつらも辛いしね」
応援生徒3「運が悪かったんだね・・・優さんもそう思・・・あれ、何所いくの?」

優「(放送室の中でコッソリやったらばれないよね?)」

部員2「気乗りしねえな~、どうせ負けるんだし」
部員1「だよな、テキトウにやるか・・・ってあれ、優さんじゃないか?」
部員3「あれ、本当だ。放送室の中に入っていくけど何のようだろ?」



840 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:00:27.03 ID:VKBfb80R0
審判「ハーフタイム終了です!各自戻ってください!」

部員1「だりいな~早く終わんないかな~」
部員3「帰りにゲーセン寄ろうぜ」
部員2「それ賛成! 皆にも言おうぜ」

優「・・・貴方達は・・・バスケが好きですか?・・・」

部員・生徒「ーー! 優さん!?」

優「・・・あきらめたら・・・そこで試合終了ですよ・・・」

部員1「おい! 聞いたか! お前ら!」
部員2「ああ! 俺の心にばっちし届いたぜ!」
部員3「さすが優さん! そうだ、俺たちはまだ負けていないんだ!」
部員1「よしお前ら! ここから逆転だ!」
部員全員「おおーーー!!」

応援生徒2「さすが優さんだ。おい、俺たちも負けてらんないな!」
応援生徒3「ああ、まだ逆転のチャンスはあるさ!」
応援一同「オーフェンス! オーフェンス! オーフェンス!」

優「(むふふ♪ 安西先生の真似~。)」



842 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:02:02.80 ID:VKBfb80R0
審判「78-81! 試合終了!」

部員1「よっしゃー! 逆転じゃーーー!!」
部員2「やった! ベスト8に入れた!」
部員3「ああ! そうだな! よし皆、影の主役を胴上げしに行こうぜ」
応援生徒4「賛成! 私達も負けてらんないわよ!」
応援生徒1「そうと決まれば行くか!」

優「(んふふふふ・・・あきらめたら、そこで試合終了で~すよ~(by安西))」

生徒一同「「「「うおおおおおおおーーーー!!!」」」」

優「へ? え、何? 何なの!?」

応援生徒1「よし、胴上げだ!」
生徒一同「「「「わっしょい! わっしょい! わっしょい! わっしょい!」」」」

優「(ふぇぇ、何なの~~)」



843 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/06(水) 23:02:33.51 ID:NtbgtuMU0
>>839-840
GJ
青春って文字が頭に浮かんだ
ただ単に物真似したかっただけなんだよな!



844 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:06:00.03 ID:AWPs36UK0
先生「え~、早速だが抜き打ちテストを始める」
生徒1「え~聞いてないよ~」
生徒2「先生、なんで前もって教えてくれなかったんですか!」
先生「前もって教えていたら抜き打ちテストにならんだろうが! つべこべいわず問題を解け」
生徒1「へ~い」

女(抜き打ちテストなんてひどいよ~)
女(ど、どうしよぅ……問題が全然わかr、うん? これ、見たことある)
女(あ、これ昨日やったチャレンジ、じゃなくて脳トレと同じ問題だ!)
女(こっちは萌えドリル、こっちは英語漬け、これはもじぴったん!?)
女(うふふ~♪)スラスラ



845 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/06(水) 23:07:00.75 ID:SXIb0Jii0
(ジリジリジリジリジリジリジリジリ)
女「zzz」
(・・・)
女「ん・・・ !! もうこんな時間!? 急がなきゃ
  髪直してる時間はないかな」

女「ふぅ~ 何とか間に合った」
男友「見ろ 女さん髪乱れてるな」
男「寝坊でもしたのだろうか」
男友「馬鹿! あれは髪を余計に傷めないようにしてるんだろ」
男「そうだよな さすが女さん 将来のことにも気を使ってるなんて」
男友「俺らも見習わないとな」
男「ああ!」
女(間に合っちゃったから遅刻の言い訳使えなかったな・・・
  いろいろ考えたのに・・・)

次の日

先生「全員洗面所に行って髪直して来い!」



847 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:14:35.47 ID:q8N0SBG90
生徒A「最近デスノート読み始めてさー」
生徒B「あっ俺も昨日読み始めたとこなんだ。どっちが勝つと思う?」
生徒A「そりゃ月だろ!あいつ凄く賢いし絶対負けないだろ!」
生徒B「俺はLだと思うけどな。あいつも頭良いし、やっぱ正義が勝つだろ!」
生徒A「いや月だろ!!」
生徒B「Lだって!!」
(スタスタ)
女「あの…」
生徒A「あ、女さん…うるさかった?」
生徒B「ちょっと熱くなりすぎたな…外で話すか」
生徒A「そうだな、悪いな女さん」
(スタスタ…)

女(あ…結局どっちも死ぬって教えに来ただけなのに…)



860 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:31:58.20 ID:q8N0SBG90
>>853
ネタバレすまんwwww



855 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:25:07.09 ID:LFHyPBPuO
>>829
神経衰弱(生徒A対女、解説生徒B)
女「(え~と…これと…これかな?)」
生徒B「当り。ってことは女さんが外れるまで
連続でめくれるのか。」
その後
生徒B「2回目めくった!当り!
3回目めくった!当り!
4回目!当り!」
生徒A「俺…一回もめくってないのに…」
生徒B「もうやめてください!Aのライフはもう0です!」
女「(勘だけなのによく当るなぁ…)」

すんません



856 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:28:10.10 ID:VKBfb80R0
部員1「くそ! くそ! くそ! どうしてタイムが伸びないんだ!」
先生「おい、生徒1。何もあせることは無い。まだ大会まで3週間あるんだ」
部員1「何言ってるんですか先生! もう3週間しかないんですよ!」
部員2「あいつ、最近イラついてるな」
部員3「なんてったって、スカウトからも注目されてるからな」
部員1「くそ・・・どうすればいいんだ」
優「(ブーンwww昨日のスレは面白かったwww)テラワロス」
部員1「ーー! おい優さん、いくらあんたでも怒るぞ」
優「(ブーン・・・へ、私? 嘘、変なこと口走っちゃったかな?)」
部員1「おい! ダンマリかよ! 何とか言ってみろ!」
先生「おいおい、優さんに当たるなよ」
部員1「先生は黙っていてください!」
優「(えう~怖いよ~こんなとき殺気ちゃんがいてくれたら)
  ・・・れば」
部員1「ああ! 何だって!? 聞こえねーよ!」
優「(ふえ~ん)信じれば・・・空だって飛べる」
部員1「!!!」
優「それだけ・・・(うぇーん怖かったよ~)」
部員1「・・・・・・・優さん」

5年後

リポーター「部員1さん、金メダル獲得おめでとうございます!」
リポーター2「やっぱり練習なんか辛かったんでしょう」
記者「何か秘訣とかあるんですか?」
部員1「『信じれば、空だって飛べる』・・・この言葉が僕を支えてくれました」


優「あう~寝坊したよう。会社に遅刻しちゃうよ~」



857 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:30:15.72 ID:pTUNREBJ0
>>856
イメージが渡辺さんで固定されました



859 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:30:32.41 ID:RkiWabLFO
避難訓練
優「Zzz…むにゃむにゃ…」
先生「ベルが鳴ったら速やかに移動しましょう」
生徒A「なんかさ…
来ると分かってると緊張感無いよな…」
生徒B「だな…やる気しねぇ」
ジリリリリリリリリリリ!!
優「えっ!?何何地震!?
早く逃げなきゃ!」
生徒A「優さんが慌ててる…」
生徒B「いや優さんは本当の災害がきた時と同じように緊張感を持って訓練に臨んでいるのかもしれない」
生徒A「優さんならそうに違いない!
みんなハンカチ装備!屈んで歩け!」

ザッザッザッ…

優「そういえば今日避難訓練だった…
あれ?なんでみんな歩伏前進してるの?」

携帯は…無理だ…



861 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/06(水) 23:34:01.63 ID:uMvBIUsN0
生徒1「そういえば、女さんのノートってどんな風なのかな」
生徒2「見た事ないなあ」
生徒3「じゃあ見せてもらいましょうよ」
生徒4「ねぇねぇ女さん、数学のノート見せて!」

女「えっ、あっ!」

全員「……」

女「あの、それは……その」

生徒1「すげぇ……まさかこれ程とは……」
生徒2「ああ、完璧に書かれている……大したやつだ」
生徒3「しかも、私たちが習ってない所まで進んでる……大した人ね」
生徒4「予想はしていたが……ここまでやるとはな……」

女(知り合いのお姉さんから借りたノートなんですけど……)



867 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/06(水) 23:42:16.78 ID:uMvBIUsN0
(自習中)
生徒1「やっぱ女さんってさー……」
生徒2「女さんは格が違うよな……」
生徒3「女さんって(ry

女「ーーーっ!」(ガタン!)

全員「!?」

女「いい加減にしてよっ! 私の話ばっかりしてないで大人しく勉強してよねっ!!」

しーん

女(……はっ!? し、しまった!)

生徒1「……委員長、だよな……?」
生徒2「ああ、間違いない、遂に女さんが委員長属性に覚醒したんだ!」
生徒3「嫌われ者になってもクラスの秩序を守る、まさに優等生の鏡!」

全員「いーいんちょう! いーいんちょう!」

女(もう好きにして……)



870 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:45:39.84 ID:IT9Lo6hAO
>>865
多分……


男「………」
優「あっ…」

男「………」
優「あの…」
男「ん?」
優「ハンカチ落としましたよ」
男「ああ……悪い…」
優「えへっ♪」


男「…(あれ…噂の優等生だよな。ったく捨てるふりしてたのに…しかもほほ笑みをうかべていたし…気味悪!)」
優「…(ハンカチの柄が一緒だったから嬉しかった!たまには優等生ぽい行動もいいよね♪)」



876 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:52:58.61 ID:IT9Lo6hAO
>>870

男「…(はあ~めんでぇな~…ゴミ箱に捨てるか……ん?…ゆ…優?)」
男「…(優ってさっきのアイツか…………とりあえず次の休み時間に返すか…めんどいけど…)」



男「え~と…こっちか?…ん?声が…」

男子1「またまた優さん大活躍だぜ!」
男子2「さすが!日本一の優等生だぜー!」
みんな「わっしょい!わっしょい!わっしょい!わっしょい!」
優「嫌ーーーー!!」


男「………」



877 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/06(水) 23:53:11.76 ID:uMvBIUsN0
?『ふははは、本当はお前がただの一般人だと皆に言いふらしてやる!』
女『だ、誰なんですかあなたはっ』
?『私の事などどうでもいい。さて、学校の皆が知ったら驚くだろうなあ』
女『だ、だめ……』
?『それとも失望するかな? いやいや、哀れ蔑むかもなあ? ふはははは!』

女「ダメーーッ!!」(ガタン!)

全員「!?」

教師「……女さん、テスト中はお静かに」
女「す、すすすいません!(ヘンな夢だったなあ)」

生徒1(女さん、俺がカンニングしてたのに気づいたのか……)
生徒2(へへ、そうだよな。ズルしていい点取っても嬉かねえぜ)
生徒3(ありがとう女さん、私、目が覚めたわ)
生徒4(よし、カンニングペーパーなんて破って捨てちまえ)


全員(自 分 の 力 で 問 題 を 解 く ん だ ! ! !)

女「?」



878 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:55:02.74 ID:pTUNREBJ0
>>877
全員カンニングしてたのかよwwwwwwww



880 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:58:22.18 ID:TDhQypdaO
>>829

生徒A「ドラゴンを呼ぶ笛!青眼2体特殊召喚!攻撃!滅びの」
生徒B「はい和睦ー」
生徒A「く…終了」
生徒B「俺のターン。サンダーボルトwwwww」
生徒A「俺の青眼が全滅めつめつ…orz」
生徒B(あれ?女さんがこっちに……)ヒソヒソ
生徒A(やべ…うるさすぎたか…?)ヒソヒソ
女「……禁止…」
生徒B「す、スミマセン!!そうですよね…学校でカードなんて!!」
生徒A「失礼しました!!」


女(サンダーボルトが禁止って言いたかっただけなのに…)



882 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/06(水) 23:58:45.06 ID:IT9Lo6hAO
>>876

男「…あの…」
男子1「なんだい?」
男「ゆ…優さんに話があって…」
男子2「貴方も優さんのファンなのか?」
男「違う。いいから呼んで来い」
男子1「ケッ…偉そうに………。優さーんお呼びですよー」
優「え?ああ…はい!」


男「また会ったな」
優「うん。どうしたの?」
男「それがな…」

みんな「ざわざわ…」

男「場所を変えよう」
優「うん、そうだね。屋上でいい?」
男「ああ…」
優「分かった。行こ!」
男「………」



886 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:07:56.50 ID:ls+qC9tOO
>>882

男「ほらっ、間違えていたぞ」
優「あっ!本当だ!ごめんね」
男「まあ、いいけどさ」
優「うん」
男「あ、あのさ…」
優「ん?」
男「いつもあんな感じなのか?」
優「うん、そう」
男「大変だな」
優「まあね…。ん?あれ?君は平気なの?」
男「何が?」
優「いや、私になんか誤解とかしてないかな…と…」
男「ああ… 俺、そうゆうのウザいと思っているから」
優「そうなんだ…」
男「まあ、さっき見たときニヤけていたからキモかったけどな」
優「なっ!!失礼だね!あれはわけがあるんだよ!」
男「何のわけだよ」
優「えっと、その…」
男「………」
優「……ごめんなさい」
男「謝ってどうするよ」
優「うん、思い付かなかった…」
男「プッ!何それ…ウケる!」
優「何よ!笑わないでよ!」
男「すまんすまん」



898 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:22:15.90 ID:ls+qC9tOO
>>886

優「女の子に向かって…よくそんな事言えるわね!」
男「そうか?」
優「そうよ!もう!」
男「そんな怒るなよ」
優「………」
男「お前さ…」
優「ん?」
男「実は優等生じゃないだろ…」
優「え?」
男「どっちかと言うと劣等生じゃん!違うか?」
優「違うよ!私は…ゆ…優等生じゃないけど…」
男「けど?」
優「貴方の頭よりはまし!」
男「………」
優「何よ?」
男「ハハハ!!」
優「なんで笑うの!?」
男「ハハ…やっぱお前、全然優等生ぽくないや!」
優「なに~?」
男「いや、笑ってすまなかった。結構普通っていうか感じがしたから」
優「そうよ!本当に私は普通なの!悪い!?」
男「わ…悪くないけど…そっちの方が自然ぽいって良いよな」
優「そ…そう?」
男「うん!」
優「………」



887 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:08:40.64 ID:eOpu5oFi0
女「(黒板汚いなぁ…たまには日直の代わりに消してあげよっかな)」

(ゴシゴシ)
生徒A「女さん、次の授業何だっけ?」
女「えっと、数学だよ」
生徒A「そっかーありがとう!」
(ゴシゴシ)
生徒B「あっ、ごめん女さん、その消しゴムとって」
女「あっはい、これ?」
生徒B「サンキュー」
(ゴシゴシ)

女「(…そういや誰も褒めてくれないな…良い事してるのに…)」



888 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 00:09:10.83 ID:OciQU/tX0
生徒1「ねね、女さん」
優等 「? はい?」
生徒2「1+1=?」
優等 「え……」

優等(これ、普通に答えていいのかな? それとも田んぼの田の方かな?)

生徒1「……?」
優等 「うう、難しい……」

生徒1「!!! 俺の……負けだ……」(がくっ)
優等 「え?」
生徒2「1+1……数学者にとって命題となる問題……」
生徒1「まさか、俺の問いに数学者として取り組もうとは……」
生徒2「いや、一般の人間ならば普通に『田』と答えただろう。だが、彼女は違う」
生徒1「ああ、そうだな……」

女(あ、田の方でよかったのかな? ていうか二人の方が頭よさそうなんだけど……)



890 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 00:15:27.93 ID:Y20hNe7L0
男「次の時間のテストはひたすら暗記だな」
男友「なぜ昨日やらなかったんだ・・・」
男「ほんと、なんで一日中パソコンやってたんだろうな・・・」
男友「まったくだ・・・ 単位が・・・」
男「ほら、先生がくるあと10分の間がんばるぞ」
男友「はいはい・・・女さんもやってるな」
男「テスト前だからな」
(バタン)
男友「教科書閉じたぞ?」
男「さすが女さん もう完璧ってことだな」
女(あぅ~ 虫が挟まって死んでた・・・)



891 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:15:45.19 ID:8McOtYdYO
優(あたしが何しても、みんな良い方に誤解しちゃう)
優(なら良い方に誤解出来ない様な事をすれば…!!)
次の日

優「諸君!」
A「なっ、なんだ?」
B「優さんが演説をされるんだ!みんな静かにっ!」

優「諸君、私は戦争がすk(ry

………

優(ど、どうかな…ドキドキ)

A「…そ、そうだ戦争だ!!」
B「俺もやってやる!!」
C「待ちきれない!!」
D「ウオォォォォオオ!!!!!11!!」
一同「戦争っ!戦争っ!戦争っ!戦争っ!」
優「よろしい、ならば戦争だ(あ、あれれ??)」

のちの第三次世界大戦である…
終戦前、優閣下はこう語られている

優「出来心だったんです…」



895 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:18:33.22 ID:w3QMhKgrO
生徒A「聞いたか!?さっき返却されたテスト、女さんが40点だったそうだ!」
生徒B「きっとよっぽど体調が悪かったに違いないな。
それにしても40点とは…きっと明日は雨だな。」
生徒A「いや…雨くらいじゃすまないだろう。」
次の日…
TV「大雨洪水波浪雷強風警報が発令しています。外出は控えてください。」
生徒A「(原因はきっと昨日の女さんのテストに違いない…)」
女「やったぁ♪学校お休みになった♪」



896 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/07(木) 00:18:41.44 ID:OciQU/tX0
女「うんしょ、うんしょ……」
女「はあ、なんで私が美術用のニスを運ばなきゃいけないのよ……」

こけっ ばしゃっ

女「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛っ!?」
女「どどどどどうしよう……と、とりあえず拭かなきゃ!」

-------------

生徒1「おい、アレ見ろよ」
生徒2「なっ……何故女さんが校長の銅像を磨いてるんだ?」
生徒3「ピカピカになるまで磨くなんて、どういった風の吹き回しなのかしら」
生徒4「きっと、校長、引いてはこの学校に対する感謝の気持ちをああやって表してるんだ」

全員「さすが女さんだ!」

生徒1「よし、みんなで女さんを胴上げだ!」
生徒2「おい、あそこに校長がいるぞ!」
生徒3「私たちも校長に対する感謝の気持ちを表すのよ!」
生徒4「よし、それなら校長を胴上げだ!」

全員「こうちょーー!! わーっしょい、わーっしょい!」
校長「教師生活三十年……ワシは今までで一番感動しとる!!」
女(何やってんだろあの人たち……)



897 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:20:41.02 ID:Lt5F3l5l0
>>896
美術教師「作るだけが芸術じゃないっツー事か。やるなぁアイツ。」



901 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/07(木) 00:27:57.47 ID:CV5FseTkO
あと百も無いのか…
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
アダルトスパム広告などを弾くために、 「http」を禁止ワードにしています。
基本的にURLを書き込む際は、先頭の"h"を抜いて書き込むようにして下さい。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatongari.blog97.fc2.com/tb.php/66-40e5aa77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。