上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
324 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 21:50:22.08 ID:TT41/5+e0
優等「ぬるぽ」

生徒「さすが女さん!!俺らの知らない難しい言葉を知っているなんて!!!」

優等(あっ!思わず口にしてしまった!!)
誤解優等生⑬



285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 21:06:15.46 ID:k3pVotwX0
勇気を絞りきって投下
>>159
ttp://vista.jeez.jp/img/vi8104507399.jpg
誤解優等生⑬

286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 21:07:44.64 ID:i5rA8C5M0
>>285
(・∀・)イイヨイイヨー 4コマテイスト



287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 21:07:51.09 ID:TT41/5+e0
女(カタカタカタカタカタカタ)
生徒A「すげえ…女さんのキーボードさばき…」
生徒B「何という真剣な顔…まるで仕事が出来る女だな…」
生徒A「あれはきっと素晴らしい論文を打っているに違いない!」
生徒B「さすが女さん、優等生だぜ…」


女(あれ?インターネットにつなぐボタンってどれなんだろ?これボタン多すぎて分からないよ…)



292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 21:10:35.99 ID:WKYie+4n0
>>285
余りにもGJ!!!
グルグルっぽいwwwww



294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 21:15:55.78 ID:1SZT7zyaO
>>283の続き

殺「勇気か…」
優「そう。勇気!」
殺「分かった、試してみる…。もし…相手が悪く思っても私は勇気を持って言って話してみる…」
優「うん。その活きね!」
殺「うん。ありがとう」
優「いやいや~当然までよ。おっほん!」
殺「プッ…」
優「ハハッ!校長先生の真似~」
殺「ハハ!おっかしい~」
優「アハハ」
殺「ハハ!貴方も全然、優等生じゃないわね」
優「うるさいな~。これでも勉強は出来るんだよ!」
殺「いつも私に聞いてくるのに?」
優「それは言いっこ無しだって~」
殺「フフ…あっ!」
優「ん?」
殺「今日、生徒会じゃないの?」
優「あーいっけない!私って委員長だって忘れてた!」
殺「じゃあ急がないと叱られるよ」
優「平気よ。だってまた、誤解が起きるから」
殺「そう…」
優「んじゃまた」
殺「うん(頑張ってね。優しい心の優等生さん…)」



295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 21:17:35.30 ID:wfKiBYGQ0
>>294
どんな誤解をされるのかwktk



299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 21:23:55.31 ID:1SZT7zyaO
>>295
思い付かない
書いてくれないか?




307 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 21:36:27.98 ID:wfKiBYGQ0
>>299
ちょwwwww

優等生歩きながら生徒会に向かう。
パタパタパタ

職員室前
先生「お、優等生だ。今は生徒会があるはずだが…」
先生「…っ!『廊下を走ってはいけない』という校則を守ったのか!流石優等生だ。」

優「(どうせ遅れるなら歩いて行こう~♪)」



300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 21:25:23.92 ID:gpiRaBF+0
http://vipmomizi.jog.buttobi.net/cgi-bin/uploader/src/17206.jpg
誤解優等生⑭
空気読まずに投下
選べなかったんだぜ




303 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 21:35:36.44 ID:Mn6dYGXjO
>>300
こういう絵柄大好きだ
にゃんこ可愛いww



304 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 21:36:08.75 ID:lHQH42aA0
>>300
空気読み過ぎだぁぁ!!

殺気分は足りないが、GJ!!と言わざるを得ない。



313 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 21:38:18.86 ID:vnzJwHTH0
優「殺気ちゃーん、睨めっこしよー」
殺「うん、いいよ」

生徒い「お、おい見ろよ! 殺気さんと優等さんがガチで睨みあいしてるぜ!」
生徒ろ「きっと優等さんが殺気さんに何か粗相をしたに違いない!」
生徒は「いいや、殺気さんの無愛想さに優等さんが教育的指導してるんだよ!」
生徒ろ「なるほどな、さすが優等さんだ、クラスの和を取り持つために殺気さんに挑戦したんだな!」
生徒い「何にせよこの戦い、どちらも無事ではすむまい……!」
生徒は「見ろよ殺気さんのあの冷たい視線を! お前ん家の犬を鍋の具にするぞって顔だぜ!」
生徒ろ「俺、優等さんのあんな真剣な顔始めてみたぞ!」
生徒い「これは血を見るぞ……!」

優「……ぷっ」
殺「ふふっ……」
優&殺「あっはははっは!」

生徒い「?! な、なんだ、二人していきなり笑い出したぞ!」
生徒ろ「ど、どういうことなんだ?!」
生徒は「そ、そうか……優等さんと殺気さんはさっきの一瞬で互いを宿敵(とも)と理解したんだ!」
生徒ろ「そんな! ただ睨みあってただけじゃないのか?!」 
生徒い「きっと俺たちには想像も付かない高い次元での駆け引きがあったんだろう……」
生徒は「ああ、さすがは学校一の優等生とダークサイドだ……次元が違う!」

優「あれー? なんだかみんながこっちを見てるよ?」
殺「ほんとうだ。どうしてかな?」



316 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 21:39:00.46 ID:Z81L/gHP0
女(あ~、あの雲ドーナツみたいでおいしそ~)
生徒1「女さん! 悪いけどここの答え教えてくれないかな」
女「……へ?」
生徒1「He(ヘリウム)か、サンキュ!」
女(あ、え、なんだったんだろう? まぁいいか。あ、あの雲猫みたいでかわいい)
生徒2「女さ~ん! これなんて読むか教えてくれ!」
女「……へぁっ!?」
生徒2「hearか、ありがとな!」
女(私、なにかしたのかなぁ)

生徒1・2「やっぱ女さんは頭いいな!」

>>304
どっちも誤解優等生だろ



331 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 21:56:01.92 ID:pQMdrRfj0
ソフトボール大会
生徒A「ここで女さんが打てなきゃウチの負け確定か・・・」
生徒B「それでも・・・女さんなら何とかしてくれる!」
女「(ど、どうしよう・・・代打で出たけど打てる自信ないよ・・・)」
相手ピッチャー「この一球で終わりだ!」
ピシュッツ!
女「ひやぁっ!?え、えいっ!」
こつん・・・
相手ピッチャー「馬鹿な!この状況でバントだと!?」
生徒A「相手の意表を完璧についたプレーだ!」
生徒B「三塁!そのままホームへ突っ込めー!」
ダダダダ・・・ズザー!!
審判「セーフ!ゲームセット!」
生徒A「やった!勝ったぞ!今日のMVPは女さんだ!」
生徒B「俺、家帰ったらパワプロで”女”って選手作るよ!」
生徒達「よーし!みんなで女さんを胴上げだ!」
ワーッショイ!ワーッショイ!
女「(ひぇぇ・・・高いよぉ・・・怖いよぉ・・・)」



332 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 21:57:21.10 ID:1SZT7zyaO
ゴゴゴゴゴ…
男子1「うわ!優さんと殺さんが睨み合ってる!これは危険だ!混ぜると危険だ!」
男子2「いや、優さんの事だあらゆる方法で対処するに違いない!」
男子1「なるほど!だが殺さんもどうゆう行動に出るのか!」

優「いっせ~のいち!」
殺「いっせ~のに!」
優「いっせ~のさ
ん!」

男子1「おお…あれは指ゲーム」
男子2「ただ遊んでいる臭いが…」
男子1「馬鹿!違う!やはり喧嘩にならないように優さんが提案したに違いない!」
男子2「なるほど。じゃあ!もし殺が勝ったら!」
男子1「俺らの明日は無くなる!」
男子2「それは困るぜ!ベイベー!頑張って優さん!」

優「いっせ~のゼロ!」
殺「負けたー!」

男子1「いやっほぅーー!!俺達の未来は続くぜー!!」
男子2「胴上げだーー!!持ち上げろーーーー!!」

優「え?ちょ!」
みんな「わっしょい!わっしょい!わっしょい!」
優「待ってよ!いやーーー!!殺さーん!」
殺「わっしょい!わっしょい!わっしょい!」
優「えええええ!!!?」



340 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 22:04:21.83 ID:yfGjJKjc0
(体育祭、借り物競走)
男1「えーと何々……? ふっ、この勝負、勝った!」

女「がんばれー」
男1「女さんっ! ちょっと来て! 借り物内容が『優等生』なんだ!」
男2「おっと待てよ。こっちは借り物が『眼鏡っ子』なんだよ」
男3「ウチは『学校の人気者』だっ!」
男4「こっちは『教師からの評価が高い人』です」
女「え、え、え」

全員「女さんはウチのチームが借りるっ」(ぐいぐい)

女「(ギャーーー!! 腕もげるーーっ!!)ストップストップ!」
女「み、みんな落ち着いて聞いて! その、皆で一緒にゴールすれば、なーんて……」

生徒1「(ガクッ)俺が間違ってた……自分一人が勝とうと思って、俺は、俺はッ!」
生徒2「そうだよな、女さんは一人なんだ! それなのに俺たちと来たら……!」
生徒3「そうさ、皆の女さんなんだ! 皆でゴールしようぜ!」
生徒4「その前に皆で女さんを胴上げだっ!」

全員「わーっしょい、わーっしょい」

女(なんだこれ……)



342 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 22:05:51.13 ID:es0VtBsI0
なんかこのスレ脳内でアニメになって再生される

優「すぅ…すぅ…」

A「優さんが瞑想しているぞ」
B「次の授業へ向けての精神統一か…さs(ry」



343 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/05(火) 22:05:51.06 ID:sMr+hXpC0
>>340
なんて言うか・・・青春学園て感じ。すごく(・∀・)イイ!!



344 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 22:07:04.67 ID:to7OtJs1O
>>340
最終的に「わっしょい」ww



351 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/05(火) 22:18:46.57 ID:TT41/5+e0
生徒A「やっぱさ、女さんの挨拶って…」
生徒B「もちろん『ごきげんよう』だろ」
生徒A「いやでもまさかーwww」
生徒B「だよなーwwww」
女「ごきげんよう」

\ \\.      ┏┓     ┏━━.┓                   ┏┓┏┓   /\\\\
\\ \    ┏━┛┗━┓ ┃┏┓ ┃                   ┃┃┃┃   ∠-ニ ̄ \\
\\\ _>  ┗━┓┏━┛.┃┗┛ ┃ ┏━━━━━━━━━━┓ ┃┃┃┃     二_\\\
\-=ニ   ┏━┛┗━┓┃┏┓ ┃ ┃               ┃ ┃┃┃┃     _-   \\
  \\\. ┗━┓┏━┛  ̄ ┃ ┃.┗━━━━━━━━━━┛ ┗┛┗┛      ̄二=\ \
\   -=ニ    ┃┃     ┏┛ ┃                  ┏┓┏┓     < \\ \
\\  /     ┗┛      .┗━.┛                  ┗┛┗┛ .,r-'" ̄丶、 \\\ \
  \/ ィ   ,.---- ,、r-- 、  / ̄\ / ̄ ̄ 、ミヾミ三ヽ_      //゙丶、   \ \\\
\/'''" / / \\\ /ハ!、   \ \\ ` \\  y゚j、゚ uV、 i \\  V'。゙"。 \ r.、 |  \\\
\\  //   r--- 、 //。゙´。゙、   ヽ   _____     〈r---ヾ/ trj  、、、 / い  しリfZj/ \ \\
\\\   ,.-tニ=-、 \イ|〈__  u\  i  ヘ ̄くヽ ,..r---! ̄ ̄| i f_ /。v。゙ミ化ニニニヾ  H \ \ \
   ____  `ーj゚〈、゚ u゙vヘ| !ヘト-゙ヽ  |  i|  |゚L゚ u /j、     ヽフ_ノ/ !、| .ふ.u!fjヾV  |! ノ ゙ヽ,、
 /jヘ、 ヽ  kii==ヾ | f!.   ヾ==''/!ハ!''ー .,|!テヾ / ナ ゙ ⌒、    ゙、/  /`'' ̄---ミ==//  /   ̄''ヽ、
 〔゚}{゚〕uVi| 、-!i__,,,!jノ !゙   フィ、 / |  |  ''-" V ゚〈、 ゚  `!i .rミ, .|`-"/      /匸ヽ /    /
  ヾテヾ、〈| 〈゚i_゚ヒ,,/ / フ ̄//|ヘY、 |  .| / ヽr (r 、   し ル!ソ人 /      /     ̄     |
   Y=ノ//ヽ-!-〉''不-"  /〈 | : ト 、/ / |  i、 ニ゙     ク"/゙''-,,_      | i
  /ヘへ / /       ! / | : |  `7.| /|   | >.、___  / /    丶、   |ヽ
 r"   :c   |、!、      |ヽ |  : |  / |! |   /〈 ェ,ヽ.r<   /    / ヽ | ゙、
 !、ヽ  :c   |ヽミ.      | ゙、 |  :.| /  |   /i.  V Y ヽ/    /    i !、/ .、

女「…のサイコロっていつも思うんだけど…ってうわ!!なに!?」
全員「わっしょい!わっしょい!」
女「ええええええええ!?」



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
アダルトスパム広告などを弾くために、 「http」を禁止ワードにしています。
基本的にURLを書き込む際は、先頭の"h"を抜いて書き込むようにして下さい。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatongari.blog97.fc2.com/tb.php/57-e15bc173
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。