上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新ジャンル「何か生えてクール」⑦
138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 06:27:30.73 ID:ww2ratU1O
クー「男、男綺麗な羽が生えてきたぞ」
男「おお、オーロラみたいで綺麗だな」
クー「だろう?」
男「で、なんの羽なんだ」
クー「月光蝶である!!!!」
男「地球の文明滅ぶぅぅぅぅぅぅ!!!」



142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 07:27:34.16 ID:zbVYil6jO
>>138
テラターンエーwww



152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 09:59:02.72 ID:hW2QWVwK0
覚悟はしてるから、存分に叩いてくれ


クー「男、野球でもしないか?」
男「ん?別にいいけd・・・・・・何だ、そのバットは」

クー「見ての通り、手のひらから生えてきたのだが」
男「いや、流石に釘バットで野球は無理だろ・・・」

クー「やる前から決め付けるのは感心しないぞ、男」
男「・・・もういいわ・・・・・・じゃあ、ボールくれよ。
  野球やろうって言うからには、一緒に生えてきたんだろ?」

クー「うむ、これだ」
男「おう・・・ってこれ、ビリヤードの球じゃねえか!!それで打ったら砕け散るぞ!?」

クー「生えてきたのだから仕方がない。
   それに、ボールには違いないだろう?」
男「そうだけど・・・どうなっても知らんからな?」

クー「ああ、覚悟の上だ」
男「そうかい。
  さて、投げる所は・・・って、何でこんな所にマウンドがあるんだよ・・・」



153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 09:59:41.01 ID:ww2ratU1O
クー「また生えてきたぞ、男」
男「またガンダムアンテナか」
クー「よく見ろ、これはゴッドガンダムのアンテナだ」
男「そんな違いわからないよ……」


クー「男、また生えたぞ」
男「こんどは何ガンダム?」
クー「いや、これはヒュッケバインだ」
男「ああ……」




154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 10:00:24.04 ID:hW2QWVwK0
>>152の続き

クー「ふふふ・・・バッターボックスはここだ。さぁ、いつでも来い」
男(すごいやる気だな・・・・・・仕方ない、ミスった振りしてあっちの川へ)
  「んじゃ、いくぞ~!・・・・・せ~・・・の!」 ビシュッ!   

クー「? 男~、ちょっと高くないか~?」
男(計算通り!)
 「悪ぃ、ミスった!」

クー「ふむ・・・よし、伸びろ、如意棒」   ニョイ~ン
男「何ぃ!?」

クー「はっ!」   バコッ!
男「嘘ぉ!?」




クー「ボールは砕けてしまったが・・・やはり、やれば出来るものだな」
男「いや・・・・・・もう、どうでもいいや・・・」



155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 10:07:09.09 ID:9vaIueqqO
男「今日は健康診断だけど大丈夫か?」
クー「大丈夫じゃないな。早速何か生えてきた」
男「何これ、看板…?いや標識か?」
クー「あぁ、私は注射が苦手だからな」
男「だから"駐車禁止"の標識か」



158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 10:42:40.24 ID:GXe9lE030
男「はぁ、はぁ、はくしょん!」
クー「ははっ、豪快なクシャミだね。
  はい、ティッシュ」
男「おぉ、サンキュー」

男「って、このティッシュ、お前の手から直接生えてるやつじゃないか」
クー「たまには役立つものも生えてくるだろう?
  これだからこの体質はやめられないね」
男「変なところに快感見出すなよ」



クー「ところで、このティッシュ、引き抜いたら次のティッシュが出てくるんだが」
男「あぁ、ティッシュってそういう仕組みだもんな」

クー「最後の一枚を引き抜いたら、その後はどうなるんだろうね?
  そこで終わり?それとも別の何かが出てくる?」
男「おいおいおいおい、流血沙汰はやめてくれよ」


クー「つまりこれはさしずめ、興味と恐怖を掻き立てる『魔のティッシュ』だね」
男「凄ぇ勢いで鼻かんじまったけどな」



159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 11:19:56.58 ID:8GTXLx5g0
女「今度はストライクのアンテナが」
http://pict.or.tp/img/4575.jpg

新ジャンル「何か生えてクール」⑦


167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 12:50:00.40 ID:9ObZZIGo0
女「おはよう」
男「おば;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ」
女「やはりまずいか?」
男「・・・まずすぎるだろ・・・・ これは・・・」

http://www.vipper.net/vip244128.jpg



【見るなら】自己責任でよろしくです(ぇ【クリック】




168 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 12:51:00.46 ID:NuwkWAfL0
>>167
まとめに載せづらいwwww



171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/02(土) 13:07:10.66 ID:y/cheDuk0
>>167 ・・・とうもろこしだよな?



177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/02(土) 14:26:24.33 ID:ZxNUKsWw0
男「おかしいな。いつも5分前には来てるのに」
男「……電話してみるか」
女「それにはおよばない」
男「え、女? どこだ?」
もごごごごごごごごご
男「うおおお?! そ、操気弾?!!」
女「誰がヤムチャだ。遅刻しそうなんでちょっと生えてきた」
男「そ、そっか。便利なやつ」
女「いや、そうでもない」
もごごご もごごごご
女2「間に合ったな」 女3「今日は弁当を作ったんだ」
男「おおお?!」
女「たまにつられて生えてくるときが」
男「自重しろ! あいつらどうするんだよ!」
女「そうだな……時に男。男のひとっていくつも愛をもっているのねー?」
男「雷撃だけは勘弁な。 つうか全部お前じゃないか」
女2「だーりん」 女3「浮気はゆるさないっちゃ」



179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 14:53:23.68 ID:ZxNUKsWw0
女「うーん」
男「どうした?」
女「上の棚に届かないんだ」
男「あれは俺も届かないな。お前、こんなときこそ何か生やせばいいんじゃないか?」
女「なるほど、その手があったか」ぱちんっ
男「なんで指鳴らすんd」
もごごごごご
女2「ばっちこい」
男「え?」
女「肩車だ」
女2「いやだ」
女「さっきの意気込みはどうした?」
女2「知らない」
女「仕方ないな」ぱちんっ
女3「にょっきっき」
女2「馬になれ」
女3「だが断る」
女「仕方がなry」
男「うわあああああああああああ」



182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 15:10:17.18 ID:Ipto0Z5rO
女「どうも頭が重いなと思っていたら、王様が被るような冠が生えてしまっていたよ。
 だから今日の私は女王様というわけだね、犬くん」
男「他人を犬呼ばわりするのは違う意味の女王様だと思うけど」
女「じゃあ侍従と呼ぼうかな。侍従よ、お茶とお菓子を用意せよ」
男「ウーロン茶とガムで宜しければ」
女「うむ、くるしゅうない」
男「こんなので満足なのですか女王様」
女「うん。よし、次は近う寄れ」
男「はい」
女「もっと寄ってくれないか」
男「うん」
女「もっともっと」
男「これ以上近付くと密着してしまうんだが」
女「密着せよ、と女王様が言っているんだよ侍従くん」
男「……クーデターが起きたので女王様はもう女王様じゃありません」
女「じゃあ次は君が王様だな」
男「この遊び、そんなに気に入ったのか?」



183 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 15:37:43.02 ID:tsDMgxmuO
男「両手からドリル! それはまさに男のロマン!」
クー「お前のドリルで」
男「天を突け!」
クー「テンション高いな」
男「まあな! なあ少し潜ってみてくれよー!」
クー「しょうがないな……」ガガガガガカ……
男「おおー」




男「帰ってくるの遅いな……おーいクー?」


エアーがタリナイー


男「ホリ……ススム」



191 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 16:58:55.94 ID:y8pyASy3O

男「腹減ったな」
クー「うむ。私もだ」
男「う~」
クー「仕方ないな。私が出してやろうかな」
男「いや、あんま食べたくないよそれ」

クー「では、ん~~~~~」
男「聞いてないし」
クー「うんぬ~~~~~~」
男「凄い便秘してるみたいだな」
クー「むっ。ん!生えた!」
男「チョココロネ」
クー「お前が余計な事を言うからだぞ」
男「すまん」
クー「じゃあ、召し上がれ」
男「だが断る!。しかもほのかに顔を赤らめるなよ!」



192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 17:00:20.46 ID:GXe9lE030
クー「たまねぎが生えてきたよ」
男「なんか武道館の屋根みたいになってんな」

クー「たまねぎってさ、剥いても剥いても、どこまでも皮で、
  いったいどこに中身があるんだろうね?」
男「う~ん、言われてみれば確かに……」




クー「たまねぎ生えてきた私は『上っ面だけで中身のない女』ってことかな……」

男「たまねぎ一個で深く考え過ぎ。
  むしろピーマンやかぼちゃじゃなかっただけマシだと思え」

193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 17:03:53.38 ID:SDTAfCAyO
クー「男、これを見てくれ」男「何だ…うわっ何だそれ!?…蔓?」
クー「昨日生えてきたんだ。それも天をつく程の長さで」
男「それはまた厄介な」
クー「それで男に登って貰おうと思ってな」
男「俺はマリオか」

194 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 17:15:50.63 ID:NuwkWAfL0
      | ホス|
       | ̄ ̄ ̄
     /⌒ヽ
    (^ω^ )   
    _( ⊂ i
.   └ ー-J テクテク



関連ページ
お気に入りログ:
新ジャンル「何か生えてクール」①
新ジャンル「何か生えてクール」②
新ジャンル「何か生えてクール」③
新ジャンル「何か生えてクール」④
新ジャンル「何か生えてクール」⑥
新ジャンル「何か生えてクール」⑦
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
アダルトスパム広告などを弾くために、 「http」を禁止ワードにしています。
基本的にURLを書き込む際は、先頭の"h"を抜いて書き込むようにして下さい。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatongari.blog97.fc2.com/tb.php/42-b13d6263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。