上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新ジャンル「何か生えてクール」⑥
93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:27:48.04 ID:GXe9lE030
>>88
お題もらってだから、尚更かぶりやすかったかもね
まぁ、一応の礼儀だと思ったからなので、
ご挨拶程度に思っておいてくれれば良いよ



94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:33:08.95 ID:tsDMgxmuO
>>89被らぬように……「足から」をいただく


クー「昔懐かしのがでてきたぞ」
男「足から竹ですか……けどまだ全然生えてないみたいだな」
クー「多分、成長するんだろうな。スクスク伸びて立派な竹馬になってほしいものだ」
男「ほしいのか?」
クー「ああ、すこぶるほしいね」

~翌日~

男「やっぱり切ったか」
クー「階段で転けた。危ないから切ったんだが……ほら」
男「側頭部にツイン竹の子……ツインドリルみたいだな」



95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:37:58.24 ID:HDHjLn1bO
男「やべっ!
弁当持ってくんの忘れちまった」
女「フゥ、君は本当にオッチョコチョイだな
今、ちょっと待ってなさい
んん!」
男の母「全く!あんたは、いつまでたっても
オッチョコチョイなんだから!!」
女「あ、それもう言っときました」
母「ホレ!弁当!!」

男「(か・・・母ちゃん!!)」



97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:40:30.05 ID:8GTXLx5g0
>>72
http://pict.or.tp/img/4547.jpg
むしり取り巻くって4つばだけ残す
めがねつい描こうとしてしまうな

新ジャンル「何か生えてクール」⑤




98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/02(土) 00:42:23.76 ID:e8+2ijiK0
>>97
gj!!!



99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/02(土) 00:42:26.73 ID:6X+Wuz7l0
>>97



102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:44:45.66 ID:tsDMgxmuO
>>97
あれ?クール絵師か?
なんか修行にでたって聞いてたが……いっか
GJ



103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:49:45.88 ID:8GTXLx5g0
>>102
無人島で描かずにいられないから
描いちまったら後はもう・・・



104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:55:27.46 ID:GXe9lE030
クー「次は体育だね…」
男「おぉぅ、なんか凄いの生えてるな?何、その筒みたいなの?」
クー「これかい?
  これは『70mmキャノン砲』だよ?
  体育が憂鬱なので生えてきた。装甲車くらい、簡単に撃ち抜くよ?」

男「兵器生えてくるほど体育がイヤかよ。グランドを戦場にするつもりか?」
クー「いや、体育自体は嫌いじゃないんだけどね、
  体育教師のセクハラな視線が……」



男「先生!逃げて!木っ端微塵にされちゃう!!」

クー「失敬な。
  私のモットーは非暴力、不服従、徹底報復だよ?」

男「先生!マジ逃げて!実家に帰って、エロい眼つきに生んだ親を恨んで!!」



105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:59:30.64 ID:HDHjLn1bO
>>89
男「なんだ、今頃ミニ四駆始めたのか」

女「ああ、タイヤだけは取り替え放題だからな」

男「・・・?」



106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/02(土) 01:00:08.79 ID:ZxNUKsWw0
膝から
http://vipmomizi.jog.buttobi.net/cgi-bin/uploader/src/16127.jpg

なんでもありという事実

>>103
イイヨー
宣言ほど破られるものはないのさ

新ジャンル「何か生えてクール」⑥




107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 01:03:38.78 ID:tsDMgxmuO
男「うっわ」
クー「それはさすがに酷いリアクションだと思うぞ」
男「だって両肩からヘビとか……なにソイツら生きてんの?」
クー「ああ。昨日、我が家に住まうネズミをパクリとひと飲みした」
男「うわー……触れるのか?」
クー「多少なりとも意思疏通もできるから大丈夫だ」
男「ふーん。なんか段々化け物じみてきたな」サワサワ
クー「なかなかくすぐったいぞ」
男「神経まで繋がってんのかよ」
クー「名前はギョロとウルルンにしようかと思う」
男「それなんてアシュトン?」



108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 01:05:32.28 ID:GXe9lE030
クー「ねぇ、君、猫耳は好きかな?
  猫耳にはファンタジーを感じるかい?」

男「ん?猫耳がどうかしたか?
  ま、まさか、その帽子の下に、ネコミミが!?」

クー「ふふふ、君が喜ぶと思って、気合で生やしたんだ。じゃじゃ~ん」


     ぴょこん


男「……………」
クー「どうかな?コミックみたいには無理で、最初は手や足なんかにも生えてさ、
  ようやく額に1つ何とか生やすことができた。でも確かに猫耳だろう?
  これじゃあ、ダメかな?」




     ゴゴゴゴゴゴ………

男「お前は今、俺の心を、踏みにじった!!」

クー「え?えぇ?頭に生えただけでも努力を認めておくれよ」



111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 01:15:19.98 ID:GXe9lE030
クー「見てくれ。イヤなものが生えてきた」
男「何だ?額の生え際辺りに、変な白い染みみたいなのがあるな」
クー「カビだよ」
男「カビかよ!」


クー「知ってるかい?
  カビの中には、宿主の神経にまで寄生して、行動を支配する種類がいるらしいよ。
  カニなんかに寄生してね、自分の胞子をカニ自身の卵の代わりに守らせるんだ」

男「変なうんちく語ってないで、早くカビ落とせ。不潔だと思われるぞ?」
クー「それは困るね。えぇっと、ハンカチ、ハンカチはっと……」


クー「あれ?拙者のハンカチはどこでござるか?」


男「おい、今何かちらっとお前以外のものが出てきたぞ?」
クー「ん?何がだい?」



112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 01:18:45.78 ID:6X+Wuz7l0
生えた物に乗っ取られて男の戦いの日々が始まるフラグはどれですか?



113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 01:23:40.78 ID:tsDMgxmuO
クー「わたしは女性のハズなんだがなぁ……」
男「おおー、なんて雄々しいカブトムシの角」
クー「しかしこんな格好で町を歩いてみろ。たちまち子供達のヒーローだ」
男「なるほど」(蟲王か……)
クー「学校に来るまでにも『メタビー!?』とか指指されたよ……はぁ」
男「……え?」






クー「今度はクワガタ(ry」
男「はいはいロクショウロクショウ」



114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 01:27:45.30 ID:HDHjLn1bO
男「ウハー、ヒョードル強えー」

クー「そうか?私なら片手で奴を下半身だけの
生き物に変えられるぞ」

メキョ、メキョ、メキョ

男「うん、生やさなくていいから
それにそれ手じゃないし、武器禁止だし
なにより表現がグロいから」



115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 01:33:53.64 ID:GXe9lE030
クー「三つ編みが生えてきたよ。しかもなぜかメガネと一緒に」
男「委員長だな」
クー「ん?私は委員長ではないよ?」

クー「不思議なことにね。メガネを外すと、三つ編みもじきに抜け落ちるんだ」
男「委員長だからな」
クー「ん?だから私は委員長ではないよ?」

クー「しかも、メガネをもう一度かけると、その内また三つ編みが生えてくるという不思議現象」
男「委員長だからだ」
クー「だから私は委員長ではないって」


クー「メガネと三つ編みはセットなのかな?」
男「委員長だからな」
クー「委員長だからなのかい?」
男「メガネと三つ編みのセットは必然だろう」




クー「君の言ってることは、さっぱりわからないよ」

男「わからなくて結構。これも男のロマンの一つの形だ!」



116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 01:47:32.13 ID:tsDMgxmuO
男「コレは……刺さっている?」
クー「いや、ちゃんと生えてきたんだが……柄の方からでてきただけだ。
脳天から」
男「刺さっているようにしか見えない」
クー「まあそれはさておき、ちょっとこの剣スゴそうじゃないか?」
男「日本刀じゃなく、普通の騎士が遣う剣にはみえる」
クー「しかしどうだ。この質素なようでいてどことなく貴賓の高さを感じさせる様は
多分、この剣は伝説系だな」
男「は?」
クー「この剣が抜けた者は選ばれし勇者だとか、王を選定する剣だとか。そんな感じだろう」
男「それで俺に抜けと」
クー「もちろんだ」
男「だが断る」
クー「……理由をまず訊こうか」
男「……抜いたら大量出血しそうで怖い」
クー「否定はできない」
男「おい」




117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 01:49:36.22 ID:GXe9lE030
男「あれ?今日はまた凄い寝癖つけてきたな」
クー「違う、違う。アンテナだよ」

男「アンテナ?何の電波受信するんだ?テレビ?」
クー「どうやら違うらしい」
男「ラジオ?タクシー無線?」
クー「それも違う」
男「まさか携帯電話、なんてことはないよな?」
クー「幸いながら、それも違うね」

男「じゃあ、何のアンテ
クー「しっ!静かに!!」


男(電波受信中??)



クー「凄いよ。今から1時間後に、隣町の駅前にUFOが下りてくるらしい。
  このアンテナ、宇宙からの信号を拾ったみたいだ」

男(それってタダの電波女じゃない?)



118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 01:56:54.31 ID:HDHjLn1bO
男「な、なぁクー」
クー「なんだ?」
男「も、もしかしたらさ・・
背中からデカイ、トゲ何本か生やしたら
クッパっぽく見えるんじゃね?」
クー「フム、いかにもキミらしい幼稚な発想だな
だがまぁ、暇だし付き合ってあげよう
ハーー」
男「オ、オイ、服着たままやるつもりか?」
クー「それもそうだ
このままやったら服が穴だらけになってしまうな」
(プチプチ、バサ)
男「(クッパに心の底から感謝する
日がくるとは思わなかったぜ・・・!!)」



119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 02:01:44.81 ID:GXe9lE030
   ズシーン!

男「あっちゃー、本棚倒しちまった……。
  これを元に起き上がらせるのは骨だぞ。一人や二人じゃ無理かもしれん」

クー「ふふっ、私に任せろ。
  いつも役立たずと言われる、この体質の汚名返上だよ」
男「おいおい、どうする気だ?」
クー「クレーンを生やす。クレーンで吊り上げれば、一発だ」

クー「クレーン車をイメージしながら…。
  生えてこい。生えてこい。生えてこい……」
男「頑張れ!頑張れ!」

    にょき、にょきき!

クー「どうかな?」
男「どうかな、じゃねぇだろ」
クー「そうだよね。キャタピラだけ生えても、肝心のクレーンがないのではね……」
男「って言うか、キャタピラだけじゃ、
  クレーン車なのかブルドーザーなのか戦車なのかもわからねぇ」



クー「仕方ない。人を呼んで、助けてもらおう。
  私、行ってくるよ」

    きゃたきゃたきゃたきゃた……

男「キャタピラ、遅っ!!」



120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 02:02:22.20 ID:tsDMgxmuO
男(畜生……テスト全然わからん)

男(……あれ? クーの背中になにかが生えてきて……)

男(あ、あれはカンペ! おお、クーよ。感謝します!)
バッ カリカリカリカリ



男「おい! あのカンペ間違いすぎにもほどがあんだろ!」
クー「わたしから生えてきたのなら、それはわたしの一部だ。そしてわたしは男より成績が悪い」
男「……つまり」
クー「いかに特異な能力であろうと、わたしのスペックの限界を越えることはできないのさ」
男「……追試か」
クー「わたしは一緒に勉強ができて嬉しいがな」
男「……あっ、消しゴム忘れた」
クー「消しゴムならたくさん生えてきたから、遠慮なく使ってくれ」
男「なんでだよっ!」



明日は模試なので寝ます
ノシ



121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 02:05:11.07 ID:GXe9lE030
>>120
乙です



122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 02:20:35.44 ID:GXe9lE030
クー「泣いて喜べ。ついに猫耳が生えたよ」
男「もう期待はしない。
  またこの前みたいに、微妙な位置に生えてたりするんだろう?」

クー「今度は大丈夫。ちゃんとこの辺り、君の想像通りの場所だよ」
男「そうまで言うなら、見せてみろ。そして俺を満足させてくれ」
クー「ふふっ、受けて立とうじゃないか」

クー「はい。どうかな?
男「こ、これは!?」

男(位置は完璧。大きさも申し分ないベストだ)

男(だが、だがしかし!
  猫耳マニア、いや、猫耳マイスターを自称する俺にはわかる)

男(これは猫耳じゃない、『犬耳』だ!!)

クー「どうだろう?満足したかい?萌えってやつを感じた?」
男「うん。まぁ、これはこれで非常に萌える。GJ!」


クー「苦心してたら、こんなものも生えたんだ。腰の辺りに。
  ほら、猫のしっぽ」
男「そこは猫かよ!どうして統一しないんだ!
  お前はまったくもぅ。俺の心を弄び放題だな!!」

クー「いくら嬉しいからって、涙ぐまないでおくれよ……」



123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 02:23:26.57 ID:GXe9lE030
では、俺も寝る



124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 02:26:05.82 ID:X3beImvH0
>>123
あやすみノシ





関連ページ
お気に入りログ:
新ジャンル「何か生えてクール」①
新ジャンル「何か生えてクール」②
新ジャンル「何か生えてクール」③
新ジャンル「何か生えてクール」⑤
新ジャンル「何か生えてクール」⑥
新ジャンル「何か生えてクール」⑦
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
アダルトスパム広告などを弾くために、 「http」を禁止ワードにしています。
基本的にURLを書き込む際は、先頭の"h"を抜いて書き込むようにして下さい。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatongari.blog97.fc2.com/tb.php/40-e4c6d102
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。