上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新ジャンル「何か生えてクール」③
66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/01(金) 23:20:14.61 ID:z7l2wrQJO
女「・・・ネェ、男
なんであたしこんな体なんだろ・・・
男もこんな体の女の子、嫌だよね・・・?」
男「(コイツ、普段はそんなソブリ見せないのに
やつぱ、体の事気にしてたんだな・・・)
イヤ!そんなことないぞ!!
俺は・・その・・お前のことがすっすっ好」
女「うわぁ!なんかシュークリーム出てきたぁ
超おいヒーwwwww」
男「・・・・・・」



67 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/01(金) 23:23:29.86 ID:D6RuJXVUO
クー「今度はハンドルが(ry」
男「ふむ」ガシッ


クー「巧く……乗りこなしてくれよ?」
男「それが云いたかっただけか」





68 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/01(金) 23:26:50.59 ID:8ZPzDlpa0
男「そ、その頭に生えているのは、まさか!?」
クー「ふふふ、そのまさかだよ」
男「空を自由に飛びたいな~♪」
クー「はい、タケコプター」

男「あれ?夢の象徴のようなものが生えてきたのに、浮かない顔だな」
クー「うん。まぁね。思い通りにはいかないさ」

男「あ、もしかして、飛べないとか?
  お前の生えもの役に立たないこと多いからな」
クー「いや、飛べないだけなら、良いんだが…」

     ぷるぷるぷるぷる!

男「おぉ、回りだした!って、えぇ!?」
クー「うん。回ると、髪の毛をぐんぐん巻き込むんだ。凄まじく痛い」

男「おいおいおいおい、大丈夫かよ?」
クー「しかも私の意志に関係なく回る」
男「最低なタケコプターだな。ドラえもんに謝れ」

クー「まがい物生やして、ごめんなさい」



69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/01(金) 23:28:07.44 ID:tO/9ohgP0
男「力をコントロールするのだ!」
女「できるのか、私に?」
男「一万円札出すのだ!」
女「私との付き合いは打算だというのか」
男「その体存分に活用させてくれ」
女「私の体で君が喜んでいるならそれもいいか」

男「・・・・・・・・・何やってんだ?」
女「むぅ、生えてきた男は本物じゃないのか」
男「しゃべり方!」
女「私はきっと嗜虐的な男を求めているのだろう」
偽男「俺はお前が好きだー!」
女と男「//////とりあえず引っこ抜いて捨てよう」



70 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/01(金) 23:31:57.00 ID:A2AHEBhE0
http://vipmomizi.jog.buttobi.net/cgi-bin/uploader/src/16103.jpg

新ジャンル「何か生えてクール」③



71 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/01(金) 23:33:44.76 ID:EHa0bBcjO
>>70
ちょっとほのぼのした



72 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/01(金) 23:34:21.25 ID:D6RuJXVUO
クー「おーい男ー」
男「……うわ」
クー「そうあからさまに嫌そうな顔をするな」
男「そりゃあビッチリ三ツ葉が生えてる人間が走ってきたら嫌にもなる」
クー「ははは、男はツンデレだなぁ」
男「ツンデレに土下座してこい。……で、なんで生やしたままなんだ?」
クー「いやな、男に四ツ葉のクローバーでもあげたいな、とか思ってな」
男「………」
クー「照れるな照れるなハッハッハッ」
男「………」



クー「すまなかった。反省している。だから無言で毟るのはやめてくれ」




73 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/01(金) 23:38:46.19 ID:z7l2wrQJO
男「なぁ、女
女が本気出したら何出せるんだ?」

女「核ミ・・・・・・
んん!キンチョールが精一杯だよ」

男「・・・これからの季節、よろしく頼むよ・・・」



76 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/01(金) 23:52:33.48 ID:8ZPzDlpa0
>>70よりインスパイア

クー「今度こそ役に立つものが生えたよ?」
男「おぉ、今度は何だ?って、手がひいふうみ、8本?」

クー「ふふふ、これを使いこなせば、きっと作業効率が上がるはずさ」
男「まぁ、確かに理屈ではそうだな」
クー「試しにそうだね…、勉強でもしてみるかな」


クー「この右手には鉛筆。これには消しゴム。両手を一本ずつ使って辞書を持たせて、
  左手の一本はノートを抑えなきゃいけないし、…………」



クー「左手が一本余った……。何持たせれば良いのかな?
  ぽ、ポテトチップスとか?」
男「もう、素直に2本だけ使って勉強しとけ」




クー「ち、違う。動かしたいのは鉛筆なんだ、消しゴムじゃない。消すな、消すな。
  あ痛っ!こら、左手その3、コンパスの針が刺さってる。
  あー、ポテトチップスを辞書に挟むな。染みになるじゃないか!」

男「しかも使いこなせてないし。8本腕は要求スペック高ぇな……」



77 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[sage] 投稿日:2007/06/01(金) 23:54:18.01 ID:A2AHEBhE0
http://vipmomizi.jog.buttobi.net/cgi-bin/uploader/src/16110.jpg

これもインスパイア?

新ジャンル「何か生えてクール」④



78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:00:19.37 ID:tsDMgxmuO
>>77
あんたの絵、和むな



クー「種も仕掛けもありません」
男「やんややんや」
クー「頭からハトをだしてごらんにみせましょう」
男「ひゅーひゅー」
クー「では…………」
男「…………クチバシしか見えないんだが」
クー「あ、あと少し待ってくれ。まだ生え途中なんだ」
男「どれくらいだよ」
クー「あと三時間くらい?」
男「訊くな」



79 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:06:02.87 ID:e/aqVNNHO
コードとか生やしたら面白くならないだろうか?



まぁいいや保守



82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:08:11.53 ID:GXe9lE030
>>77いただきます

クー「見てくれ。馬の尻尾が生えてきた」
男「おぉぉぉ、ポニーテール!」
クー「ど、どうした?テンション上げ過ぎだよ?」
男「す、すまん。お前が久しぶりに萌え要素生やしてくれたんで、感極まった」


男「いや~、やっぱポニーテールは心を癒すな。触っても良いか?」
クー「あぁ、良いとも。私も馬は好きだよ。動物は好きだ。
  そうそう、馬の尻尾は筆やブラシの材料としても上等の繊維らしいよ?
  君がそうやって撫でたくなる気持ちは良くわかる」
男「わかってないね。わかってないよ。ブラシとか、そんなことじゃないの。
  ポニテは男のロマンなんだよ」


クー「いや、それにしても、生えてきたのが尻尾だけで良かったかな。
  お尻まで生えてきたら、どうしようかと思ったよ。あはは」
男「お尻ってお前……」
クー「下品な話、肛門とかあったら大変だろう?」

男「男のロマンを壊すな!
  ポニテと馬は関係ないんだ!!」

クー「え?ポニーは子馬…。え?」
男「うっさい!うっさい!ポニーテールはファンタジーなんだ!!」
クー「え?ファンタジー?え?えぇ??」



84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:18:22.25 ID:tsDMgxmuO
>>79いってみよ


クー「コードか……なんだかサイボーグ気分だな」
男「しゃあさっそくプラグに……」
クー「さすがに人体に悪影響だと思う。だからやめよう」
男「じゃあなにすんだよ?」
クー「そうだな。ありきたりだがバンジーをしよう」
男「コード関係ないじゃんか」
クー「まあまあ、じゃあ早速屋上から飛ぶ。とうっ」

ヒュー……ヒュルヒュル、ブヂィ!

クー「アンビリカルケーブル断線!」
男「命懸けのボケか……」



85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:18:24.53 ID:GXe9lE030
>>79

男「おい、お前、背中からまた何か生えてきてるぞ?」
クー「うん?今度は何かな?」

クー「コードだ……。プラグもある」
男「コンセントに挿したら、エネルギー充電できたりしてな」
クー「ははっ、まさか。感電するのがオチだよ」

クー「あれ?でもこのプラグ、凸型じゃないね。凹型だ」
男「じゃあ、コンセントに指すんじゃなくて、」
クー「むしろ他の電化製品のプラグをこれに挿せそうな感じだよ」

男「じゃ、試しにこれ挿してみようぜ?
  ハンドライト。たったの100Wランプだから間違っても大事故にはならないだろ」
クー「ふふ、君は好奇心旺盛だね」
男「お前もそうだろ?」

     カチッ

男「お、ランプ光った」
クー「ふふっ、少なくとも私の輝きは100Wはあるってことだね」
男「上手いこと言うなぁ」





クー「ん?何だろう?だんだん意識が朦朧としてきた……」
男「たかが100W電球に負けんな!頑張れ!お前はもっと輝ける!!」



87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:19:15.99 ID:GXe9lE030
>>84
ネタ被り、すまんorz



88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2007/06/02(土) 00:22:22.56 ID:tsDMgxmuO
>>87
むしろスマン
つか二秒差ってすごいな……新ジャンルなんだし良くね?



89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:
2007/06/02(土) 00:22:43.15 ID:us3VQ1p90
足からタイヤとかどうよ?






関連ページ
お気に入りログ:
新ジャンル「何か生えてクール」①
新ジャンル「何か生えてクール」②
新ジャンル「何か生えてクール」④
新ジャンル「何か生えてクール」⑤
新ジャンル「何か生えてクール」⑥
新ジャンル「何か生えてクール」⑦
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
アダルトスパム広告などを弾くために、 「http」を禁止ワードにしています。
基本的にURLを書き込む際は、先頭の"h"を抜いて書き込むようにして下さい。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatongari.blog97.fc2.com/tb.php/39-3749eb69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。