上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:03:25.78 ID:Dn8HP5O30
男 「なぁ」

女 「すまない」

男 「あーもう、顔に傷なんか付けやがって」

女 「すまない」

男 「喧嘩ばっかすんな、ほれ! 終わったぞ」 ぱん

女 「っ、すまない」

男 「ほれ、何でまた喧嘩なんてしたんだ? 隣のクラスの奴と」

女 「……」

男 「何か言われたか? 後でオレも言ってやっから」

女 「私は何言われても平気だ」

男 「じゃあ何でさ」

女 「……でも男の悪口だけは許さない」





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:04:28.99 ID:Dn8HP5O30
男 「はぁ、何で放課後の青春を委員会なんかで潰さないと……お?」

手紙『放課後、屋上で待ってる 女 』

男 「何でこんな手紙、まあ行ってみるか」

がしゃこん

男 「風冷えてるなぁ……おーい!」

女 「? 委員会、終わったのかい?」

男 「ああ、疲れたよ」

女 「そう、お疲れ様」

男 「でも何で屋上なの……あー! お前またタバコ吸ってないよな?!」

女 「それは無い、もう止めた」

男 「まあそうだな、匂いしねーし。でも何で屋上で待ってるのさ」

女 「……」

男 「ん?」

女 「私みたいな、不良と一緒……見られたら、その」

男 「バカ」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:05:06.55 ID:/GCK3jNW0
・・・これは期待


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:06:21.43 ID:zG1J6O0X0
女「できちゃった婚しないか?」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:07:45.19 ID:Dn8HP5O30
わかめわかめわかめ

男 「おー? もう昼か、さて屋上で待ち合わせだし行くかな」

がしゃこん

男 「ん? 何時も先に待ってい、おい! 女大丈夫か!?」

女 「だ、大丈夫だ」

男 「制服も、泥だらけじゃないか! またあのバカ女達か!?」

女 「いいんだ、さあお昼にしようか」

男 「……随分こっぴどくやられたもんだな、お前にしちゃ珍しい」

女 「そうだな、今日は私がお弁当作ってきたんだ」

男 「その、胸に抱えてる……包みか?」

女 「あ、うん」

男 「お前まさか……」

女 「気にするな、私は平気だから」

男 「その弁当、庇ってたのか……?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:09:59.55 ID:r8xLvBYz0
これは良い


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:11:27.63 ID:Dn8HP5O30
女 ぼー
雲 「屋上で一人って切ないですよ」

女 「私は薬とかそういうのはやってないはずだが」

くも「ここだけです」

女 「そうか」

くも「授業は?」

女 「……私は頭悪いからな」

くも「落第しちゃいますよ」

女 「男は、何と言うかな」

くも「君に付き合って留年しちゃいますよ」

女 「良く知っているな」

くも「ここから見える世界だけです。そしてもうすぐ彼が」
-----------------
男 「おい! 起きろ! 女ぁ!!」

女 「……う、ん? 夢?」

男 「何ぼけっと空見上げてるんだ? ってかこっち見て笑うな」

雲 「起こしに来ちゃいますよ」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:13:53.12 ID:Dn8HP5O30
男 「おーい! 女、何してるんだよ、こんな時間に」

女 「男か、こんばんわ」

男 「はいこんばんわ♪ って違うわ!」

女 「夜のコンビニで会うなんて奇遇だな」

男 「……何かあったのか?」

女 「何も無いさ、ただ」

男 「ただ?」

女 「ここは明るいから」

男 「……」

女 「はは、可笑しいな。何を言ってるんだ、私は」

男 「なぁ」

女 「何だい?」

男 「……今部屋でSIRENやってるんだけど」

女 「サイレン? 何だそれは」

男 「ホラーゲーム、怖いから付き合え」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:16:23.53 ID:Dn8HP5O30
男 「まぁた喧嘩ですか、お前は」

女 「すまない」

男 「お前な、どんなに強くても女なんだからよぅ」

女 「ああ、知ってる」

男 「知ってるとか言うな、あったりまえの事だ」

女 「君の女だ」

男 「な、中々真っ直ぐなお方で」

女 「だから、私に手を出そうとする下品な男を」

男 「は?」

女 「完膚なきまでに叩きのめした、何故なら私は君の女だから」

男 「……」

女 「でも喧嘩は良くないな。すまない」

男 「……金玉潰したか?」

女 「寸前逃げられた」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:20:52.71 ID:Dn8HP5O30
女 「あの、違うんだ」

男 「正座!」

女 「あの」

男 「男と女の約束その1!」

女 「男と女の約束その1! かつあげはもうしない!」

男 「反省」

女 「えっと、その肩がどんって」

男 「反省!」

女 「は、はんせい」

男 「男と女の約束その2!」

女 「男と女の約束その2! 肩がぶつかっても簡単に折れない!!」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:21:40.49 ID:Dn8HP5O30
男 「だっはっはっは、違うって」
男 「ちげぇよ、そりゃあ」
男 「はははは、あ! そろそろお昼だから行くわ」

がらがら

女 「!?」

男 「あ、丁度今呼びに行こうかと。つかドアの前に突っ立って何を」

女 「うるさい!」

男 「へ? えっと」

女 「……」 つかつかつか

男 「うるさい……?って! ちょっと待て!!」 たったった

がしっ

女 「……」

男 「はぁはぁ、やっと捕まえた、さっきは何だありゃ?」

女 「わ、私と仲良くするな……私は泣いた子も黙る名の知れた」

男 「お前が泣き止め」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:27:39.75 ID:Dn8HP5O30
女 ぼー

街灯「公園のベンチで寝ないでくださいよ」

女 「……私は小麦粉みたいなのは持ってないんだが」

街灯「普通ですよ」

女 「そうか」

街灯「何時も人気の無いこんな所で待ち合わせですね」

女 「男は」

街灯「人気者ですか?」

女 「私は学校の、つまはじきものだからな」

街灯「……彼を」

女 「困らせたくない……」
----------------
男 「おい! まったく……こんな夕暮れにベンチで寝るな!」

女 「あ……男」

男 「まったく、お前って奴は、って!? な、何で泣いてるんだ!?」

街灯「君に救いの光あれ、とまでは行かなくても。私は君を照らすことくらい出来ますよ」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:33:24.39 ID:Dn8HP5O30
女 「うーうー……」

先生(はっ! あの泣く子も黙る我が学園のスケ番の女が!)

女 「うーん、えっと」

先生(そうか……真面目に勉学に励む気になったんだな!)

女 「えっと、男と女の約束……その20、えっと」

女 「あ、足を踏まれても、折らない折れない、折り返さない?」

女 「う、これ約束23だ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:34:14.45 ID:FVLrPNScO
女「テメェのことが好きなんだ。付き合ってくれなきゃ
つ ぶ す ぞ」
男「涼しい顔して潰すとか言わないで頼むから」





素直で冷静で不良
は?萌え? んなもんシラネーヨ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:39:14.22 ID:Dn8HP5O30
男 「また喧嘩かよぅ……お前は歩くキラーマシーンか」

女 「その、すまない」

男 「良いよ、最近のお前は買うことはあっても、売ることは無いからな」

女 「それはもちろん、男と女の約束その……」

男 「それはいいから、ほら! おしまい」

女 「唇、少し切った」

男 「ああ、何度も言うけどお前は女なん」

女 「……キスが血の味な女で」

男 「え?」

男 「すまない」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:41:44.47 ID:sIsVaMpR0
>>1 の書くキャラの口調を無視して、書いてみた


男「どうして、先生に弁解しなかったんだ?」
女「暴力を振るったのは事実。だから私は、停学処分を受けた。ただ、それだけ」
男「義憤に狩られての行動だろ・・・・・・? 今ならいいわけすれば」
女「嫌よ。そんな無様なこと出来ないし、もう終わったことをひっかきまわすのも嫌」

男「・・・・・・報われないな。というより、お前さんが馬鹿正直なだけか」
女「気質だもの。上手く立ち回れない。だから暴力に頼る。まだまだ子供なのね」
男「俺は、お前さんのこと、偉いと思うぞ。少なくとも、人助けをしたんだし」
女「・・・・・・ふふっ。馬鹿らしいっ・・・・・・!」

男「?」
女「暴力を振るうことが、人助け? そんなくだらない自己満足、ごめんだわ」
男「おい、ちょっと」
女「私は素行不良の生徒。ただそれだけ。暴力を振るう限り、私はただの子供。それだけよ・・・・・・」


駄目だな。俺がやると、どうもデレ欠如。



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:42:28.40 ID:koHlkKQA0
>>25
キラーマシーンは元々ry


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:47:31.76 ID:Dn8HP5O30
女 「屋上は気持ちいいな……」 ぼー

煙草「吸いませんか?」

女 「……気持ち良い煙なんて持ってないはずだが」

煙草「良くあることです」

女 「そうか、でももう要らないよ」

煙草「そうですね、貴方は」

女 「……」

煙草「私を元々愛していませんでしたしね」

女 「男と」

煙草「……」

女 「煙草の匂いを不安に思いながらキスをしたくないんだ」

煙草「女さん、私と」
--------------------
男 「おい! おーい! お前は何時もくるたんびに寝てるな」
女 「男……むっ」
男 「ふぐうっ! きゅ、急にキスするな!ふぎゅー」

煙草「二度と私と出会わない事を願ってますよ」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/26(火) 23:55:56.08 ID:Dn8HP5O30
どるんどっどっど

男 「ん? この排気音……女っ!」 がららっ

女 「ごめん、どうしても男に会いたくなった」

男 「あのな、深夜の住宅街でその排気音はまずいだろう」

女 「あ、そのすまない……君の立場を考えたら自重すべきだった」

男 「オレの立場はどうでもいいさ、エンジン切って来いよ」

女 「うん」

男 「引っ張りあげるぞ、手ぇ貸せ、よいっしょー!!」

女 「うんっ……しょっ!」

男 「ふぅ、で、どうした?こんな時間に」

女 「さ……」

男 「さ?」

女 「サイレンのせいで眠れない……だから」

男 「奇遇だな、俺もだ」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 00:00:47.32 ID:ynEbsQjL0
男 「ふぅ……満腹満腹」

女 「随分食べたな、ふふ、お粗末さま」

男 「弁当サンキュな」

女 「また、作ってくる」

男 「ああ」

女 「……飲み物、どうする?」

男 「俺買ってくるわ、お茶でいいか」

女 「私が行く」

男 「いや、弁当までご馳走になってそれじゃああまりに」

女 「駄目だ」

男 「いや、あの」

女 「パシらせるものか、私は君に尽くせる女だと証明せねばならん」

男 「パシるとかじゃ無いんだけどな」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 00:01:57.51 ID:J08SYVMUO
女「カレーパンとコーラとプリン買ってこい」

男「は、はいって痛ぁ!?
こ、小銭投げないでくださいよ!」

女「うるさいな……3分以内に買ってこい」

男「ええぇ……走らなくちゃ!」

女「ああそうだ。全部二個ずつな」

男「え? で、でもお金足りないけど……」

女「君の分なんだ自腹に決まっているだろう?」

男「?」

女「一緒に食べよう、って言ってるんだよ」

男「……よしっ! 全速力で行ってきます!」

女「あと2分」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 00:06:26.30 ID:+g2Wc7wJ0
>>1

ほほほほおーい


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 00:07:07.92 ID:ynEbsQjL0
女 「さて、これで弁当も完成だ」 ぼー

弁当「今日も綺麗に着飾りましたね」

女 「……幻覚の見えるキノコなんて入れてないんだが」

弁当「ほかほかなので」

女 「そうか」

弁当「……キッチン綺麗ですね」

女 「無理するな、キッチンの周りだけだ、向こうの部屋なんて酒瓶だらけだ」

弁当「……」

女 「私は幸せなんだぞ、そんな風に黙るな」

弁当「……」
-----------------
親父「オイコラ! さっさと酒買って……お? 美味そうな弁当じゃねえか」
女 「貴様が触って良いものじゃ無い! 触るな!」
親父「んーだーとー! コラァ!!!」

弁当「女さん!! 私を庇って殴られないでください!! 女さん!」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 00:20:47.74 ID:xVu+/E/20
これは久しぶりにイイ!
そして女・・・ガンガレ!!!


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 00:26:52.83 ID:xVu+/E/20
>>43
任せたぜwwwwwwwwwwww

俺も支援したいが、ネタが思いつかない。
何かお題的なものは無いだろうか


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 00:27:43.70 ID:ktEFLmHi0
>>46
つ「バーミヤン」「カプセルホテル」「マイマイ」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 00:28:47.19 ID:XkmYwxPS0
Σ(゚Д゚) 一枚描かせてもらうが、>>33みたいに上手くないから期待はしないでくれorz


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 00:31:50.53 ID:xVu+/E/20
>>49
把握した。
カプセルホテル逝ってみる
>>1みたいにうまくないからあんまり期待はしないでくれ


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 00:52:58.81 ID:JJqtvu670
女 「……」

男 「コラ!そこのやつ校内で煙草なんか吸うんじゃない!」

女 「うるさい」

男 「お前こんな歳からんなもんやってたら子供の産めない体になるぞ」

女 「……」

男 「おい、まてよ話はまだ終わってないぞ行くんじゃねえ」

女 「じゃあずっと一緒にいて///」

男 「へ?」



こうですか?わかりません><


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:04:30.33 ID:O7ysj8jZ0
男「なぁ、女」

女「なんだ」

男「いい加減、昼飯は教室で食べないか?」

女「それは、困る」

男「あー……まぁ雰囲気悪くなったら他の奴らに迷惑だもんなぁ」

女「…………」

男「あ、べ、別にお前のせいって訳じゃないぞ?昔の事をいつまでも持ち出して突っ掛かるあいつらが悪いんだよ」

女「いや、そうじゃない」

男「へ?」

女「男と一緒に食べている所を見られるのが、恥ずかしいんだ」

男「…………」

女「…………」

男「えーっと、その……屋上、気持ちいいな」

女「ああ、気持ちいいな」


こうですか?わかりません><


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:05:54.71 ID:1DYH2H1D0
コンビニ

男「いらっしゃいませー」

女「これを頼む」

男「待てこら。なんらかのリアクションぐらいしてもバチは当たらないぞ?」

女「仕事ご苦労。これを頼む」

男「……いいけどね……って、これ酒だろ?」

女「ああ」

男「ああ、て」

店長「お客様、失礼ですが身分証などはお持ちでしょうか?」

女「生徒手帳なら」

男「ちょ……」

店長「……未成年、ですよね?」

女「ああ」

店長「……ああ、て」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:06:52.01 ID:XkmYwxPS0
>>31の最後らへん なんかもうごめんなさいil||li_| ̄|○ il||li



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:07:20.12 ID:J3MJNDNm0
男「…………」
女「?どうした男?腹でも痛いのか?下痢か?」
男「下痢って…てか、それ、お前の弁当だよな…?」
女「…?…そうだが?いくら不良の私でも人の弁当をとるなど…」
男「てか、お前弁当自分で作ってるって前言ってたよな?」
女「…?さっきからなんなのだ?不良たるもの親の手などかりぬ」
男「…じゃ、じゃあそのタコさん型ウィンナーもウサギリンゴもお前の趣味なのな…」
女「…///…そ、そうだがっ…////…ふ、不良だからなっ!」
男「へぇ、不良からねぇw」
女「そ、そうだ!!不良だからなのだっ!!」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:11:48.73 ID:o+XBm5UhO
>>66
悶え死ぬ

>>67
何か……悶えた


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:12:18.05 ID:ktEFLmHi0
>>66
ようやった!ようやった!


でもbmpはやっちゃったな!もったいない!
jpg推奨


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:15:37.56 ID:xVu+/E/20
二分の一

男「お前、俺の家の近所だよな?」

女「あぁ、隣町の方だが。どうかしたか?」

男「いや、女が最近家とは反対方向へ帰ってるのをよく見るからさ」

女「・・・男には関係のないことだ。」

男「そんなこと言うなよ。何かあったのか?」

女「・・・親父に家を追い出された。もう帰ってくるな、と。」

男「それで今はどうしてるんだ?」

女「カプセルホテルに泊まってる。」

男「これからどうするんだ?金もそんなにないんだろ?」

女「ふ、困ったらそこらへんの店に身売りでもするかな」

男「ば、馬鹿!身売りって・・・!なにもそこまでs」

女「うるさい!・・・そうしなきゃ生きていけないんだよ」

男「・・・女」



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:15:54.52 ID:J3MJNDNm0
女「不良たるもの買い食い上等、男。行くぞ」
男「へいへい(…買い食いくらい小学生でもするだろ)」
~~~~~
~~~

男「で、結局、苺牛乳とアポロねぇ…」
女「ふ、不良には糖分が必要なのだっ!!」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:17:24.81 ID:xVu+/E/20
>>70
女「また今日もカプセルホテルで弁当さ。ははっ・・・」

男「・・・。なぁ女、俺のうちに来ないか?」

女「えっ」

男「なんで追い出されたかは知らないが、ホテル代くらい浮くだろ?」

女「そ、それもそうだが・・・私なんかが男の家に泊まったりしたら迷惑がかかるぞ?」

男「いいよ、それでも。女が大丈夫だったら。」

女「本当にいいのか?」

男「いいって。遠慮なく来いよ」

女「お、男」

男「ん?何だ?」

女「あ、あり・・・がとう//」

男「あ、お、おぉ。こんなことしか出来なくてすまんな///」

久しぶりに見た女の笑顔だった。


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:17:50.42 ID:XkmYwxPS0
やっぱbmpはダメなんだな、把握した。
またなんかの機会に!みんな応援してるぜ!おやすー


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:19:31.99 ID:xVu+/E/20
>>73

GJだったぜww



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:24:18.72 ID:8kLO6yeu0
男「お前強いのに何故かたまに喧嘩に負けるよなw」

女「私だって負けるときはある・・・イツッ」

男「馬鹿動くなって・・・ほれ、出来たぞ」

女「さんきゅ、やっぱ慣れてても怪我は痛いな」

男「前に負けたのっていつだっけ?一ヶ月くらい前かな」

男「その前は先々月だったし」

女「なんで覚えてんだよそんなこと・・・」

男「俺が毎回看てやってんだから当たり前だろ」

男「しかしアレだな。月一で負けるなんてまるでブルーd」

女「・・・ギロ」

男「え・・・まさか・・・!え?え?ニヤニヤ」

女「具合が・・・悪くなるんだ//////」

男「ちょwwwまじで!?かぁいいwwうっひょおぉぉぉぉいwww」

女「っっ!!男のばかやろぉぉぉぉぉぉ!!!」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:33:36.19 ID:2ZYKZrBU0
>>22の最後らへんを
不良っぽさがわからないorz



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:33:39.61 ID:j35J1Qc1O
これは良スレ


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:34:14.16 ID:ElefSoxO0
>>80
GJ
ま、素直な不良って時点でかなり難易度が高いがな。


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:36:25.86 ID:O7ysj8jZ0
不良A「ぎゃはは、それでよぉ――ちょ、おい見ろあいつ!」
不良B「あぁん、どうしたよ……げぇ!?あいつ昔ここら辺シメてた無敗の女じゃねぇか」
女「…………」
不良A「大人しくしてっか。触らぬ神に祟り無しってやつだ」
不良B「そうだな。ってうわ、前から来てる奴、よそ見してるぜ。あのままじゃ……」

女「(ドンッ)……あぁ?手前ぇ、どこに目ぇつけて歩いてんだ――」
男「あ、すみません……ってあれ?女?」
女「へ?おお、おおお男!?なな、なんでこんな所に!?」
男「ちょっと本を買いに来たんだが……それより女ぁ、今の台詞はなんなのかなぁ?」
女「ち、違う。今のは条件反射と言うか、癖みたいなもので、あの、その」
男「…………(じーっ」
女「……すみません、カツアゲしようとしました」
男「そっか……女、ちょっと顔を近付けて」
女「え!?こ、こうか?」
男「…………(男の手が女の両頬をそっと包む込む」
女「お、男……って痛!痛い痛い痛い!頭が、頭が割れるぅ!」
男「男と女の約束を破ったバツだ!大人しく受けろっ!」

不良A「すげぇ、あの無敗の女があっさりと……」
不良B「あの男、何者だ?」


素直冷静分が足りない気がする…


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:38:29.12 ID:ElefSoxO0
>>83
むしろ男に対してだけ、素直だが冷静さがなくなるのがいいなw

…関係ない話だが、CLANNADの智代を思い出してしまったOTL


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:38:36.38 ID:VPsafq700
要するに智代だよな


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:40:40.59 ID:xVu+/E/20
>>85-86
ケコーン


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:46:21.38 ID:+g2Wc7wJ0
>>63

↑クリックすると大きくなります


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:49:33.14 ID:xVu+/E/20
>>89
GJ!!!!



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:51:26.13 ID:J3MJNDNm0
男「なあ、お前怖いものってないよな?」
女「そ、そりゃ…ひゃぁ…ふ、不良だからなっ!」
男「へぇ…」
女「……………わ、わかったから早くこの毛虫を取ってくれっ!」
男「はいはいw」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 01:57:10.58 ID:xVu+/E/20
男「おっ、今日も屋上にいたか。」

女「それは男も一緒だろう」

男「生徒指導部が呼んでたぞ。行かなくてもいいのか?」

女「あぁ、行くだけ無駄だ。どうせまた同じことを言い続けるだけだからな」

男「そうだな」

女「・・・」

男「・・・」

女「・・・なぁ」

男「何だ?」

女「平和だな」

男「あぁ。平和だな」

女「明日も晴れればいいなぁ・・・」



100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/27(水) 02:38:00.02 ID:O7ysj8jZ0
公園にて

女「また買ってしまった……」
女「……タバコはもう吸わないって約束したのに」
女「……でも新品なんだから捨てるの勿体無いな。一本ぐらい」

男『お前さ、いい匂いするのにタバコ吸うなんて勿体ないぜ?』

女「…………」
女「大丈夫。約束、守るから」
女「(タバコを握り潰して大きく振りかぶる)」

男『ポイ捨て厳禁』

女「…………」
女「もう何をしても男の顔が浮かぶな…ふふっ」
女「ゴミはゴミ箱に……っと」

男『よしよし、よく頑張ったな。そっちの方がよっぽどお前らしいよ』

女「……うん。男、私頑張ってるからな」

立ち去っていく女。その後姿を遠くから微笑みながら見守る男。

男「ああ。お前は頑張ってるよ、女」

保守代わりに


コメント
この記事へのコメント
  1. 最後いいなぁ・・・
    2007/06/28(木) 20:51 | URL | なんとなく名無しさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
アダルトスパム広告などを弾くために、 「http」を禁止ワードにしています。
基本的にURLを書き込む際は、先頭の"h"を抜いて書き込むようにして下さい。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatongari.blog97.fc2.com/tb.php/127-9aff2ee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。