上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 17:58:42.76 ID:+4Fb+y+X0
男「裏ー 今日は新ジャンル裏方雑用やってみるぜー」
裏「ふぇ?どういうことっスか?」
男「今日一日手伝ってやるさっ」
裏「おーありがたいっすねー 男さんなら皆さんと知り合いだし うまくいきソーっすね」
男「任せとけよッ」
裏「じゃあ出演者さん達のの誘導お願いしますッス」
男「ふむふむ・・・おK えーっと」

し ば ら く し て
裏「おとこさーん どうっすかー」
男「裏ぁぁああ たすけてぇえぇぇっ」
裏「うぁっ そんな急に抱きついて・・・ってうぁ・・・この惨状・・・一体」

男「妹は全身ダンボールのそばにヒート系を置いておいたら発火して・・・慌てて消そうとしたのは
いいんだけど驚いたロリ系が泣き出したのをあやそうとした誤解殺気に恐怖した泣き虫クールに
触発されたクール勢が一斉に俺を攻め始めたんで逃げようとしたら目の前に異性に触れると爆発
がいてその後はもうなんかハイテンションカオス・・・で今に至るんだ・・・」

裏「・・・・うぁあ・・・」
男「・・・すまん 仕事増やしちまって・・・」

裏「大丈夫ッス 自分に任せとくっスよ!新ジャンルのエキスパート 裏方 推して参るっすっ!!」

男「うぉっ まぶしっ」
裏「ところで男さん ・・・逃げようとしたってのはいただけませんねぇ・・・」
男「・・・・(汗」
裏「・・・粛清 っすかね?」
男「ちょっとまてりとるがーる 話し合おうじゃないか」
裏「そーですね・・・この件が片付いたらじっくりみっちりと」
男「ひぃぃ・・・」


裏方雑用19


603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 18:11:13.13 ID:7/qpC5+R0
裏「♪~」

男「なんだ、この甘いにおいは…」

裏「あ、男さん。今べっこう娘さんとべっこう飴作ってるとこっす」

男「ふ~ん。それじゃあ一個頂こうか…ってアチッ!」

裏「焼きたては熱いから気をつけなきゃダメっすよ」

男「うぅ… それにしても何故べっこう飴?」

裏「き、急にべっこう飴が食べたくなったんすよ!べ、別に給料日まだまだ

男「それ以上言うな…、貸してやる。いくらぐらいいる?」

裏「も、申し訳ないっす」


604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 18:15:04.21 ID:XZiMn17a0
裏「ほぼ無反応さん、写真とるんで来てくださ~い」

ほぼ無反応「・・・・・」

裏「え~っとっすねえ。無反応さんは男さんと背中合わせになって
  ・・・・そうそうそこに座るっす」

ほぼ無反応「・・・・・」(ごそ…

裏「あっ!動いちゃダメっすよ。そのままそのまま!両足下ろして!」

ほぼ無反応「・・・・・」(ごさ…

裏「あ~もうっ(><)そのままっすよおー・・・・そうそう。そのままじっとしててくださいね?
  カメラさーん!!」

カメラ「おーす
    じゃあ撮るよー123はいでいくから
    1・2・3・はいっ!」無反応(ゴそ……




男「えっ!?パンチラしてるの!?」
ほぼ無反応(パタン

カメラ「ぬおっ見える!見えるぞ!!初めの構想とは違うがこれはこれで・・・いいな」
裏「ぬー・・・男心はわからんっす」


610 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 18:23:55.77 ID:bwA2zTXl0
裏方&庭師「プロっすから」


614 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 18:35:20.36 ID:ORyLUKD/0
男「荷物、重いてぇ!!ロッカー、ロッカーっと…」

 ガチャッ!!

原住民A「アーアーアアアアアアアアアァァ」
原住民B「ΦΜθψшПΑΞЭчΠЕ」
  裏 「あっ!男さん一緒に飲みます?」
原住民C「ファルシュルコー!!ンババンババ!!」
原住民D「аяΦКСνгУШЖΡв⊿цμγПⅦ⊿」

 …ガチャッ

男「あれ?ロッカー開けたら、変な民族が集会してて…あれ?疲れてんのかな?」


615 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 18:35:37.57 ID:+4Fb+y+X0
わざわざ設定決める必要もないということでここは一つ

裏「あついっすねー・・・」

男「あついなぁ・・・」

裏「猫雪女さんって涼しいんスか?」

男「実はそうでもなかったりするんだよなー」

裏「あそこにいらっしゃるニートクールさんは涼しそうっすねー」

男「クールだからなぁー」

裏「冷房ガンガンつけてる部屋に寄生してるからっスね ニートだけに」

男「毒を吐き出したな・・」

裏「脳がうだってきたんっす・・・ 今日はもうあがって寝ますッす」

男「あぁ・・・それがいいな・・・」


617 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 18:39:57.40 ID:K19sLCsG0
>>594
裏方雑用19



620 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 18:42:09.46 ID:7/qpC5+R0
>>617
スプーwww


622 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 18:43:47.83 ID:XZiMn17a0
>>617
 しょこタソwww


618 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 18:40:25.53 ID:XZiMn17a0
 喫煙室にて
脚本家1「やっぱさー。新ジャンルで最萌えは素直ヒートだよ?わかる?素直ヒート」
脚本家2「まあ、わかる・・かな?」
脚本家3「っつかエロイよな?なんつーの?ジュって感じ?」
脚本家1「あーなんかな。汗かいてるイメージあるしなあ」
脚本家2「確かに汗かいてると匂いまで伝わってきそうな気がするな・・・」
脚本家3「逆に考えるとさ、汗かいてるとエロイ→萌えるなんじゃね?」
脚本家1「うはwwwwwwwおまwwwwwww天才wwwwwwwww」
脚本家2「そ れ だ」

男「こんにち・・・ってうわ!!熱っ!!」

裏「おおおおおおとこさああああああああん!!!!」

男「うわっ!!何時にも増して汗かいてるな!!!」

裏「うあああああああああ!!!!どいてください!!!今荷物は・こ・ぶん・・・・で」
 バタ・・・・
男「お、おい!!しっかり!!しっかりしろ!!!」

裏「あ、ああ・・・おと・・こ・・・さん・・・」

男「暑くしすぎだ!誰がヒーターいれたんだよ?」

裏「はあ・・・もう・・・自分は・・・ダメ・・・っす・・・でも・・・いつか・・・・おとこ・・おと・・・」

男「裏方!裏方あああああああああ!!!!」

脚本家1・2・3「疲れきってぐったりしてる裏方タソ・・・(*´д`)ハアハア」
                               ↑SS師なんて皆こんなもんだろ?


626 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 18:59:37.22 ID:XZiMn17a0
脚本家1「今度はさ!100週走らせて・・・」
脚本家3「よがらせるんだな?よがってるように見せるんだな!?」
脚本家2「いよっしゃ!!決まりぃっ!!
     っつー訳で裏方ちゃん!!100週走って!」

裏方「え・・・自分これから動物キャラの世話しなきゃいけないんっすが」

脚本家1「まあ奥様聞きましたー?」
脚本家2「できないそうざんすよー?ノリ悪いざんすねー?」
脚本家3「っつか萌えるから!萌えるからやって味噌!!(*@д@)フウーフウー」

裏方「そ、そんな事言われても・・・」

脚本家4「やめろよ!!嫌がってるじゃないか!!」


627 :626:2007/06/20(水) 19:00:10.68 ID:XZiMn17a0
脚本家1「なんだー!貴様はー!!」
脚本家2「掟を忘れたか掟をー!『萌えのためには全てを犠牲にすべし』だ!!」
脚本家3「それはつまりキャラをも犠牲にしろということよ!!」

脚本家4「いいかげん目を覚ませ!!」

裏方「4番さん・・・」

脚本家4「お前達おもいだせ!!初めてGJといわれたあの日を!!初めて絵師に自分のSSの絵を描いてもらったあの日を!!

     あの湧き上がるようなキャラへの愛情をっ!!!」

脚本家1・2・3「!!!!!!!!!」

 >>623
 ご、ごめん・・・うっ・・・えっぐ!俺が・・・間違って・・ました・・・キャラへの愛は・・・ひっぐ・・・ないがしろになんて・・・


630 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 19:04:17.40 ID:7/qpC5+R0
>>627
なんか脳内タイムスリップ起きた


631 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 19:14:11.60 ID:CaaxAqkK0
>>627
>初めてGJと言われた~
俺SSは新参だから今リアルでその状態だわw
あんなに嬉しいもんだとは思わなかった


634 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 19:26:46.26 ID:ORyLUKD/0
  裏   「スナイパーさん……この薬の入ったこの弾でお願いします」
スナイパー「うん角度よし、風向きよし、周囲の状況、よし!
      あとはタイミングだけ……」

        ズキュ――ン!!
  男   「ぐはぁ!!」

  裏   「ふぅ……これで後は現場に運ぶだけっすね」
スナイパー「けど、気の毒よね」
  裏   「ひぃ!銃をこっちに向けないでくださいよ!」
スナイパー「ごめん、ごめん癖でw」

  裏   「ビビったすよwまぁ、それよりも……これで撮影にはいれるっす!」

スナイパー「ねぇ、こんな手の込んだ事して男になにやらせるの?」
  裏   「今回は……ごにゅごにょ…の撮影を無理やりにでもやらせろって社長が…」
スナイパー「えっ?何の?」
  裏   「いや、あの、だから……○ォごにょ…の……」
スナイパー「ごめん、よく聞こえないの」

  裏   「あぁ!もう!『○○オナニー』の撮影っすよ!!」

 ざわ‥‥
   ざわ‥‥

ジョジョオタ「さすが裏!おれたちにできないことを
       平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」


636 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 19:28:40.44 ID:K19sLCsG0
>>618
裏方雑用20



638 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 19:30:09.75 ID:CaaxAqkK0
>>635だった上にあがってましたー!

>>636えろすぎます><でもGJ!


639 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 19:37:44.16 ID:i9g6bHgZ0
>>636
萌え死ぬっていいことだと思えた

何がいいたいかと言うとヤバイ、いろんな意味でヤバイ


644 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:01:46.14 ID:KosmOGD20
>>636
あばばばっばばばばばっばあっばっばっばっば
 あばばばばばっばあっばばばっばばっばべる→るぽてこっか→かいまん
 
 アッバ―――――――――――――――――(・∀・)――――――――――ス朝

裏「ちょw落ち着くっすwとりあえず飴舐めるっすよ」


642 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 19:52:46.97 ID:ORyLUKD/0
男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」
蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・「うぅ、蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」
男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」
蒼星石になって、男くん(ry「うぅ、蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」
男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」
蒼星石にな(ry「うぅ、蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」
男「蒼星石のマスターになれたらいいのに」
蒼(ry「うぅ、蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」





裏「うぅ、蒼星石になって、男くんにご奉仕したいよぅ・・・」

 ガバァッ!
裏「……なんつー夢を…」


646 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:10:38.29 ID:ORyLUKD/0
>>642
【後日談】

  裏 「変な夢をみちゃったっすから今日は念入りにやっとかないと…」

 【鏡】 チャッ!

  裏 「自分、フラグとか気にしないっすから(ニコ」
  裏 「自分、フラグとか気にしない…(ニコ」
  裏 「自分、フラグとか気に…きに…」

プロセス「……それの暗示がかかるには、後10年ぐらい必要ですね」



643 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 19:58:56.78 ID:ZyBvNuEdO
>>642
蒼星石であり、裏方でもある存在なんて、反則すぎるだろ…


645 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:07:24.52 ID:KosmOGD20
裏方「んしょんしょ・・・保守袋・・・今回も沢山必要っすね~」

男「おーい、裏方ー?手伝おうかー?」

裏方∑(・д・)「い、いいいいいいいっす!!自分でやれるっす!」

男「? 
  ところでそれ、なにが入ってるんだ?」

裏方Σ(´д`)「いくら男さんでも、そんなこと聞いちゃいけないっす!!!
        今あったことは忘れて下さいっす!!!」

男「はあ・・・」

裏方「恐ろしや恐ろしや・・・・」


647 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:12:17.86 ID:R9zR3iAF0
>>645
IDが小宇宙wwwwwwww


648 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:13:05.49 ID:KosmOGD20
バカ「あれー?なにこれー?」

  保守袋

裏方「ぬがっ!!Σ(´д`)
   だめっす!!バカさん!!さっちゃいけないっす!!」

バカ「え~なんでだじょ~?」
 ピト(バカ、触る

裏方「ぬああああああああああ!!!!」

バカ「な、何てことだ・・・まさかこの僕がこのような状況に陥ってしまうとは・・・
   恐るべし保守袋・・・つまりスレを保たせんとする住人の総意が宇宙意志に作用し
   触れた者に劇的な変化を起こす・・・すばらしい!これがあれば世界征服も・・・
   あれ~何があったっばっばっばっば

   ばああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!」

   ボン!!(バカ、全治三ヶ月の重傷

男「結局保守袋ってなんなんだ・・・・orz」


649 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:14:01.45 ID:KosmOGD20>>647
 バカ「宇宙意志、イデです」


652 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:30:21.63 ID:KosmOGD20
 食堂
裏方「ふんぬー!ふんぬー!!(><)」

男「なにやってんだ?券売機の前で這いつくばって?」

裏方「やっ・・・あの、百円落としちゃって・・・・
   あれが無いと食券変えなくて・・・なんとしても取り戻さなきゃいけんっすよ
   うーうー・・・」

男「ううっ(´;ω;`)
  俺がおごってやる・・・っつかおごらせてくれ」


656 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:49:06.65 ID:ZyBvNuEdO
>>652
泣いた (つдi )


655 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:48:15.28 ID:7/qpC5+R0
裏方「男さ~ん、助けてくださいっす~」

男  「どうした、裏?」

裏方「さっきから日和さんが離れてくれないんすよ~」

日和「…」

男  「気に入られたんだよ」

裏方「でも困るっすよ~」

日和「……迷惑?」

裏方(その純粋な目を否定することなんてできないっす…)


659 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:57:53.18 ID:22VzUnDOO
鸚鵡返しでたっけ?


660 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 20:59:44.68 ID:7/qpC5+R0
>>46に出てる


661 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 21:02:27.36 ID:x+l8gIZDO
>>659
迷わず書くんだ!


664 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 21:19:06.17 ID:H6ZkSAob0
裏「爆弾が見つかったすか!」
ロリ軍曹「あれだ・・・」
ロリコン「・・・・今、あsdfghj」
教頭「今何をしようとした。一枚遣せ!」
裏「できれば、混ぜてもらいたいっす」




668 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 21:34:26.57 ID:ORyLUKD/0
  裏 「弁当8にあと……うっ…茶9?あれ?」
鸚鵡返し「……到着」
  裏 「あっ!おはようっす!」
鸚鵡返し「おはよう」
  裏 「どうしよう、あの。ここら辺に弁当落ちてなかったすか?」
鸚鵡返し「なかった」
  裏 「う~ん、そうっすか」
鸚鵡返し「そう」
  裏 「駄目だ!見つかんないっす…自分の分を抜くっすかね」
鸚鵡返し「駄目」
  裏 「えと、どういうことっすか?我慢するのがっすか?」
鸚鵡返し「いうこと……が…(ジロジロ)」
  裏 「ん?あの方向に?ですか?」
鸚鵡返し「方向にです……ビッ!!」

 サクサクサクサク……

  裏 「はい……音がしますね」
鸚鵡返し「咎」
  裏 「咎?あぁ、罪って事でっすよね!罪!!」
鸚鵡返し「……見て!!」
  裏 「……人っすね」トコトコトコ

常に食べてる「サクサクサクサク……」

  裏 「なるほど、鸚鵡返しさんありがとうっす!
     常に食べてるも勝手に食べちゃ駄目っす!くれぐれも注意してくださいっす!」
鸚鵡返し「くれ」
  裏 「はい!弁当とお茶っす」


669 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 21:34:45.12 ID:22VzUnDOO
>>660お、本当だ


鸚鵡返しの意味無いけどなww


670 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 21:37:59.55 ID:22VzUnDOO
上に鸚鵡返しきてたww


672 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 21:52:26.02 ID:WqTD23qI0
裏「ん~どこいったんすかねぇ」

男「どうした? キャップでも探してるのか?」

裏「そうなんすよ、あれは大切なキャップなんす。でもよくわかったっすね。男さんはもしかしてエスパーっすか?」

男「ちげーよ。いつもと違ってバンダナ巻いてるからもしかして、って思ったんだよ」

女「なるほど~、見事な推理力っす! 弁護士になれるっすよ!」

男「それはねーよ。ところで大切なキャップって懸賞に1000枚ものハガキを送って当てたのか?」

裏「いや~流石にそれはないっすよ。ただ上京する時に母がお祝いにって買ってくれたんす」

男「お母さんが? なら絶対に見つけないといけないな。俺も手伝うぜ」

裏「えっ、ほんとっすか? ありがとうっす!」
数時間後
裏「はう~どこにもないっすぅ」

男「諦めるな、裏! 必ずどこかにはある!」

ツンドロ「ねぇちょっと、もしかして裏が探してるのってこれ?」

裏「そうっすそうっす! 本当にありがとうっす!」

男「俺からも礼を言わせてくれツンドロ、ありがとな。にしてもわざわざ届けるなんてお前ってやさしいんだな」

ツンドロ「バ・バ・バ・バカ言ってんじゃないわよ! 裏の頭にあったのがいつの間にか私の頭にあっただけよ!」


673 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 21:58:04.86 ID:s4XPaoWe0
監督「おーい裏ー。ちょっと来てくれ」
裏「何ッスか?」
監督「次阿部さんのシーンだけど、彼今機嫌が悪いんだ・・・」
裏「そんなの簡単っスよ」
友「裏~・・・また男にフラグが立っt」
裏「ちょうど良かったっス。ちょっとあのベンチで・・・」
友「ついに俺にもフラグが・・・しかも裏とは」

友「イヤァァァァァ!!!」

-次のシーン-
阿部「や ら な い か?」

男「友はなんで泣いてるんだ?」
友「聞いてくれるな・・・」


675 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 22:05:11.56 ID:H6ZkSAob0
裏 「刑事さん今度の警視庁24の打ち合わせっす」
刑事「刑事スレの刑事です」
刑事「ロリ警部の刑事です」
刑事「銭型が幼女の刑事です」
裏 「これが企画資料っす」
裏 「それじゃ、はじめるっす」
刑事「今からかよ」
刑事「いつでもいいわ」
刑事「あの、警部が読んでいるんで帰っていいですか」
裏 「何時ものことっす...(涙」


677 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 22:21:48.92 ID:wun/eXvHO
>>534の後日

裏「~♪」
 カンカンカンカン
男「…大道具の整備、か。本当に何でもやるんだな。」
裏「あ、男さん。この間みたいな事故がないように、キチンと釘打って補強するっす!」
 カンカンカンカン
男「この間…って言うと……。」
 想い出し。
裏「あ……」
 カンカンカンカン、プスッ
裏「痛ぁ…!」
男「裏方!? 大丈夫か!」
裏「あ、へ、平気っすよ! 傷は慣れっこっすから!」
男「──釘に錆びがあるじゃねぇか!」
裏「資源に気をつかって使い回してるっすから……!?」
 チュウチュウ
裏「おおおおおお男さん、なにヲ!!?」
男「錆びが入ったら危ないだろうが。いいから、お前はもっと自分に気をつかえ。」
裏「(キ、気をつかえって言われてもー!!)」

 チュウチュウチュウチュウ


680 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 22:32:18.90 ID:ZyBvNuEdO
>>677
なんという破壊力…


681 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 22:32:20.13 ID:wun/eXvHO
男「じゃあ楽屋でお茶してるよ。」


682 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 22:40:05.55 ID:wun/eXvHO
男「じゃ、楽屋でDSしてるよ。」


684 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 22:45:20.77 ID:3XvSn/yU0
裏方なら・・・裏方ならどんな新ジャンルスレにでも登場できる・・・!!



685 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 22:45:37.13 ID:8fEAg1aBO
裏「ふぬ~っ><」
男「…また100円落としたのか」
裏「あ、はい…この前よりも奥に入ってしまって」
男「どうしたもんか…ん?あれは触手力士…そうだ!」
男「お~い触手力士」
触「ん?どうしたでゴワス?」
男「あれを見てくれ」
触「あ~裏さんが100円取ろうと…ああ!?必死になってフリフリと動く
  裏さんの小振りなお尻に反応して触手が出ちゃったでゴワス!」
男「よし、狙い通り!触手借りるぞ」
裏「あ、100円取れたっす^^」
触「ああ!触手が役に立ったようでゴワス!光栄でゴワス!」



全員「どすこい!」


686 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 22:47:18.06 ID:K19sLCsG0
>>668
裏方雑用21



688 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 22:48:36.22 ID:n3CzSKJr0
>>686
お前の絵ホント好き。前のクール裏方とか超ツボだった。


695 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 22:57:00.64 ID:+4Fb+y+X0
裏方「うっし・・・これで運ぶ荷物は後3ッつスね・・・」

男「おー裏 荷物運びか?手伝うぜっ!」

裏「いいんスか?結構重いッスよ」

男「なーに余裕だよ これでも職業男の子だぜ? よっこらせ・・・と・・・っ!?」

男「・・・・くっ(な・・・これもちあがらね・・・)」

通りすがりのアンニュイサド「無様ね・・・見苦しい・・・」
スタスタスタスタ

男「・・・このっ・・・はー・・はー・・スマン・・・持ち上がらん・・・」

裏「しょうがないッスよ こーいうの結構コツとかいります」

裏「自分がこれとあの箱もってくんで、男さんはあの衣装入れ持っててくださいッス」

男「おうよ・・・・にしても俺なさけねーな・・・」

裏「どっこいしょー」

男「しかも・・・裏はあの重い箱余裕でもってくしな・・・」

ちょっと1つに入りきら無そうなのでもう一つ



699 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 23:06:18.76 ID:+4Fb+y+X0
裏「男さーん あの角の部屋の前までお願いしますっす」
男「ん・・・了解」
裏「さて・・・私も・・・ってうひゃぁ」
廃テンションカオス「うひゃひゃひゃひゃ」ゴス←衝突&そのまま疾走 
裏「・・・タタタ あれはハイカオさんっすね・・・ まったく」
男「おい 裏ぁ ダイジョブか? ほれ起こしてやるから手ぇかしな」
裏「あ・・・どーもっす」
男「まぁ・・これぐらいは男の義務だろ ・・・・ん?」
裏「あっ・・・やっぱり自分で起き上がれるからいいっす・・・」
男「とーとつにどーしたよ?」
裏「・・・あの・・・その自分の手あれててごつごつしてますし・・その・・」
男「そんな事か・・・気にすんな お前の普段のがんばりの結果だろ? 誰もいやがりゃしねーって」
男「むしろつるつるな手な俺が情けなさ過ぎるくらいだ 荷物ももてないシナー」
裏「でも・・・男さんは優しいッすよ みんなに慕われてますし」
男「そいつは裏も同じだろう? みんな裏に感謝してるぞぃ?」
男「まぁ・・・その・・・あれだ・・・手ぐらいさ 貸させてくれよな?」
裏「は・・・はいっス」ノ
男「ん・・・それ 怪我ないか?」
裏「ヤー 大丈夫でありますッス」
男「そか そいつは重畳・・・あれだぞ?裏 お前はもっと自分に自信を持ってもいいんだぞ?」
裏「うぃ・・・って あぁっ!?」
男「どした?」
裏「いぇ・・・あの・・・その・・・荷物の下敷きに・・・爆弾娘さんがっ・・・もうプルプル震えてるッス」
男「マイガッ ち・・・この作者落ちが付かないからって爆発落ちに・・・作「ウルセェ ダマレ」

ドカーンっ


サーセン



700 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 23:11:22.11 ID:+4Fb+y+X0
裏「っと>>699>>695の続きらしいッスヨ?」

表「正直甘いのは書けない事に気がついたので諦めます」

男「ふーん・・・ところで表ってなによ?」

表「さぁ?」


696 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 23:01:10.99 ID:yWQaP61O0
渡辺さんに続く全ジャンル対応キャラかね?


697 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 23:02:53.35 ID:BXcvv3SV0
「えっほ! えっほ! えっほ!」


男「なあ、あそこの腹筋してる集団は何なんだ?」

裏「たまにスタジオの隅で腹筋していく人達がいるっす
  凄い人になると4桁とか5桁の回数をなきながら……」


698 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2007/06/20(水) 23:03:05.15 ID:Khg+YuyO0
女 「裏方ー」
裏 「はい!」
女 「私ね男の事好きなんだ~ でね、告白の手伝いして欲しいんだ」
裏 「え・・は・・はい・・・・。」
女 「無理?」
裏 「やります! ・・・。」
女 「さすが裏方! よろしくねー^^」
裏 (NGをしてもかまわんだろうか?)









続き:
新ジャンル「裏方雑用」 8
新ジャンル「裏方雑用」 9
新ジャンル「裏方雑用」 10



新ジャンル「裏方雑用」 1
新ジャンル「裏方雑用」 2
新ジャンル「裏方雑用」 3
新ジャンル「裏方雑用」 4
新ジャンル「裏方雑用」 5
新ジャンル「裏方雑用」 6
コメント
この記事へのコメント
  1. うっひょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
    裏方萌えええええええええええええええいいいいいいいいいいいい!!!
    作者さん&絵師さん&管理人さんGJ!!!
    2007/06/21(木) 21:27 | URL | あると #-[ 編集]
コメントを投稿する
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
アダルトスパム広告などを弾くために、 「http」を禁止ワードにしています。
基本的にURLを書き込む際は、先頭の"h"を抜いて書き込むようにして下さい。
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://akatongari.blog97.fc2.com/tb.php/106-8116b86c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。